個人の借金

カードローンを早く返済するには

カードローンを借りると返済してもなかなか残高が減らずに悩んでいる方が実に多いと思います。
早く返済をするにはどうしたら良いのか、そのポイントはたった1つです。
カードローンが減らない理由と早く返済する方法をご案内します。

カードローンの返済方式は元利均等方式

カードローンの返済は一般的に毎月の決まった日に一定額を返済する方法です。
例えば毎月27日に2万円ずつを返済するいった内容です。
問題はこの2万円の中身です。

カードローンの返済内訳

毎月のカードローンの返済ですが、これは次の合計額です。
返済内訳
毎月2万円の返済は元金と利息の合計額です。
仮にカードローンの利用残高が30万円として、金利が15%だとすると毎月2万円の返済の内訳はつぎのようになります。
返済内訳
毎月2万円の返済はカードローンの元金の返済に充当される16,178円と利息3,822円の合計額です。
もっとも返済する側とすれば2万円を返済しているわけですから、カードローンの元金、つまり利用残高が2万円減少する感覚になります。
しかし実際は16,178円であって決して2万円ではありません。
自分は2万円を返済しているにもかかわらず、カードローンの残高が16,178円しか減らないという感覚になります。
これが返済をしてもカードローンの残高が減らないという思いになるのです。
返しても返してもカードローンが減らないという感じるのはこの理由です。

カードローンを早く返済するには

ではカードローンを早く返済するにはどうしたら良いのでしょうか。
そのポイントは実はたった1つです。
任意返済です。

カードローンの任意返済とは

毎月決まった日にカードローンを返済することを約定返済などと呼んでいます。
これに対して任意返済とはこの約定返済とは別に返済をすることをいいます。
約定返済以外はカードローンを返済する必要はありませんから、任意の返済なのです。
任意返済の返済内訳は約定返済と同様に元金と利息の合計額ですが、この利息額は一般的に約定返済より少なくなります。
任意返済をまったく行わないとした場合、約定返済は1ヶ月毎に到来します。
そして約定返済の時に支払う利息額は前回の約定返済からの期間、つまり1か月分です。
これに対して任意返済は次の約定返済までの間に行うことになりますから、利息は1か月未満の金額となります。
したがって利息額が少なくなります。
利息額が少なくなるということはそれだけ任意返済時にカードローンの残高の返済に充当される金額が多くなるということです。

カードローンの任意返済方法

カードローンの任意返済でもっとも簡単なのはコンビニエンスストアなどのATMで行う方法です。
銀行口座にキャッシュカードで入金を行うこととまったく同様の方法で、カードローンのカードにてATMで入金、つまり返済を行うのです。
またカードローンの任意返済はATMが動いている限り、いつでもできますし、基本的に千円から行うことが出来ます。

カードローンの任意返済のすすめ

したがって手元に少しでも余裕ができた場合にはこまめに任意返済を行ってください。
これが確実にかつ唯一のカードローンを早く返済する方法です。
カードローンの任意返済以外にカードローンを早く返済する方法はありません。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,