個人の借金

住宅ローンの事前審査が通れば安心できますか?

住宅ローンを申込むと一般的に本審査の前に事前審査というものが行われます。
住宅ローンの本審査が事前審査を経てから行われています。
では事前審査が通れば住宅ローンの本審査は通るものと安心して良いものでしょうか。

住宅ローンの事前審査とは

自宅を購入する時には多くの場合、住宅ローンが利用されます。
自宅を購入する際には不動産会社などと売買契約を締結することになりますが、売り主である不動産会社等からすると住宅ローンが通りそうにない人とは売買契約は結びたくありません。
住宅ローンが利用できるだろうという人と売買契約を結びたいはずです。
また住宅ローンを利用する個人としても住宅ローンが利用できるだろうという安心感の下に不動産購入をいろいろと検討したいはずです。
このようなニーズの背景から住宅ローンには広く事前審査というものが普及しています。
カードローンやクレジットカードにはない事前審査が住宅ローンには広く導入されているのです。

住宅ローンの事前審査の内容

以前はともかく現在では住宅ローンの事前審査の内容は本審査と変わらないと言えます。
利用する個人や仲介する不動産会社からは当然ながら確度の高い事前審査が求められています。
また貸し手である金融機関としても本審査で否決となれば申し込んだ個人に迷惑がかかりますから、事前審査の精度を高めてきました。
このような動きから現在では住宅ローンの事前審査の内容は本審査と同じだと言えます。
したがって住宅ローンの事前審査が通ればほぼ100%本審査も通ります。

住宅ローンの本審査でダメになるケース

住宅ローンの事前審査でほぼ住宅ローンが通るのであれば本審査はそもそも不要です。
しかしながら今でも住宅ローンは事前審査の後に必ず本審査が行われています。
それでは住宅ローンの本審査では何をやっているのでしょうか。
それは住宅ローンの事前審査段階と状況が変わっていないことを確認しています。

個人信用情報の調査

では事前審査段階と何が変わっていないかを本審査では確認を行っているかということそれは個人信用情報です。
住宅ローンの事前審査では必ず個人信用情報が調査されています。
そして本審査でも個人信用情報を改めて調査をして変化がないかどうかを確認をしているのです。
例えば事前審査段階では消費者金融の利用はなかったが、本審査の調査でも同じような状態かどうかを確認しています。
実際に事前審査では消費者金融を含めた他社の借入がなかったものが、本審査の段階での個人信用情報の調査では消費者金融を含めて他社の借入があった場合、住宅ローンの本審査が否決となることがあります。
このような個人信用情報に変化がなければ住宅ローンの事前審査が通っていれば、本審査でも住宅ローンは通ります。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,