銀行融資の基本 融資審査マンの見方 中小企業社長との面談日誌

「税金を払いたくないから赤字にした」

赤字は赤字として審査

事業者の方に取って「節税」は実は重要な事柄であることは理解しています。
具体的な統計に基づくものではありませんが、多くの事業者の方々はいかに納税額を少なくするかに色々と知恵を絞っておられます。
このことは銀行も十分に承知をしています。
一方で「節税」は事業利益を少なくすることとイコールです。
事業利益は銀行融資の側面から見ると、融資の返済能力に直結します。
したがって事業利益を少なくして「節税」することは、一方で銀行融資が受けにくくなる効果ももたらします。
過去に面談した中小企業の社長の中には「税金を払いたくないから赤字にした」と赤字決算を説明された方がいらっしゃいました。
しかし銀行は節税のために赤字にしたとの理由を考慮することはありません。
赤字決算は赤字決算で、返済能力はゼロとの判断をします。
節税はしつつもほどほどにして、実態に近い決算にすることが大切なのではないかと思います。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 中小企業社長との面談日誌
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5