個人の借金

日常の生活費のお金の借り方

2種類の個人向けローン

個人向けのローン商品は大きく使途が決まっているものと使途が限定されていない、いわゆるフリーローンの2種類に分けることが出来ます。
個人ローン使途別比較
この図は使途が決まっているローンと使途がフリーのローンを比較したものです。
細かい点の違いはいろいろとありますが、大きくは使途の部分と金利の部分です。
使途が決まっているローンはその使途通りに使う必要があります。
使途が決まっているローンの代表例としては、住宅ローンやオートローン、教育ローンなどです。
一方で使途がフリーのローンの場合は基本的に何に使っても良いローンです。
ただし何に使っても良いローンと言っても何でもOKというわけではありません。
事業用とか博打など公序良俗に反する目的には使ってはいけません。

次に大きな違いは金利です。
一般的に使途が決まっているローン方が使途フリーのローンに比べて金利が低いと言えます。
これは使途が決まっているローンの場合にはある目的のためにお金を使うことになります。
一方で使途フリーのローンの場合には明確な目的はなくお金の不足を補うという目的が強いと言えます。
前者と後者を比べた場合、どちらの場合がお金の借り方について計画性がありますか?
またお金を借りる目的がしっかりとしていますか?
これは前者の使途が決まっているローンの方ですよね。
そして使途の目的が決まっている場合にはローンがきちんと返済される可能性が実は高いのです。
住宅ローンの返済が滞ると自宅を失うことになります。
オートローンの返済が滞るとマイカーを失うことになります。
ですからローンの返済可能性が使途フリーの場合に比べて高いのです。
金利は返済可能性のリスクの対価ですから、返済可能性が相対的に高い使途が決まっているローンの方が使途フリーのローンに比べて低いのです。

生活費は使途フリーのローン

生活費は使途フリーのローンの対象となります。
生活費が不足するためのローンですから、どうしても返済可能性に心配を抱いてしまう内容です。
ではどこから借入するのが良いのでしょうか?
代表的な借入先としては銀行と消費者金融になると思います。
銀行と消費者金融の使途フリーのローンの金利を比べた場合、次のような関係となります。
金利比較
金利は低い方が良いに決まっていますよね。
金利を比較した場合、借入を申し込む先は銀行が優先となります。
一方で審査時間は次のような関係となります。
審査時間の長短
銀行の場合、即日に借入することは出来ません。
数日から少なくとも1週間程度は審査時間がかかります。
一方で消費者金融の場合には申し込み当日、もしくは翌日には借入をすることが出来ます。
したがってお金が必要な時期がまだ先であれば金利が相対的に銀行に優先して申し込みをしましょう。
一方ですぐにお金が必要な場合には金利は高いですが消費者金融に優先して申し込みをしましょう。
お金は必要な時に用意が出来なければ意味がありませんから。
ただし消費者金融は銀行と比べて金利が高いですから、なるべく金利を抑えたいというのであれば早めにお金の算段をして、切羽詰まった状態にならないように準備をして時間的に余裕をもって銀行に借入の申し込みを行いましょう。

-個人の借金
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.