当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

個人の借金

キャッシングの返済してまた借りるは悪いパターン

クレジットカードに付帯サービスとして付いているキャッシング。
いざという時にキャッシングは強い味方になってくれます。
しかしキャッシングの使い方を間違えると借金地獄の入り口になりかねません。
返済してまた借りるパターンは借金地獄への入り口です。
融資担当の銀行員が説明をします。

キャッシングのメリット

カードローン・キャッシングのメリット
キャッシングのメリットをまとめると上の図のようになります。

繰り返し借入出来る

キャッシングのメリットの1つとしては繰り返し借入出来るという点です。
キャッシングは一般的に利用可能額というものが設定されています。
利用可能額
例えば利用可能額が50万円であるとします。
その後に返済が進んで利用残高が45万円になったとすると、利用可能額との差額の5万円を再び借入出来るということです。
住宅ローンや自動車ローンの場合には返済が進んでも最初の借入額まで再び借入することは出来ませんが、キャッシングは利用可能額までは再びいつでも利用出来るという特徴があります。

返済してまた借りるはキャッシングのメリット。しかし・・・。


これがキャッシングの1つめのメリットです。

審査時間が短い

キャッシングは申し込みをしてから実際に借入が出来るまでの審査時間が短いという特徴があります。
申し込み当日にキャッシングが出来ることも珍しくなく、長くても1週間以内には利用出来るところがほとんどです。
急にお金が必要となった時にはすぐに利用することが出来ますのでとても強い味方になってくれます。
住宅ローンや自動車ローンなどでは即日はおろか1週間経ってもまだ審査が続いています。
短期間に借入することは困難です。

キャッシングの審査時間は短時間

手軽に返済出来る

キャッシングはATMでクレジットカードを使ってお金を引き出すことで利用ができます。
カードを使ってコンビニエンスストアのATMで手軽に借入することが出来ますが、逆に手軽に返済することも出来ます。
住宅ローンや自動車ローンなどは通常毎月の決められた日の返済以外には別途手続きをしないと返済は出来ませんが、キャッシングの場合にはコンビニエンスストアのATMなどでいつでも手軽に返済をすることが出来ます。
借金をすると利息がかかってきますが、この利息は借入残高に対して発生します。
そのため手軽に返済出来ることで借入残高を減らすことが出来れば利息支払いの節約にもつながるのです。

キャッシングはATMで簡単に返済ができる

キャッシングデメリット

カードローン・キャッシングのデメリット
一方でキャッシングにはさきほどのようなメリットだけではなくデメリットもあります。

金利が高い

住宅ローンや自動車ローンと比べてキャッシングは金利が高いというデメリットがあります。
キャッシングの広告では金利が1%とか3%と表示されていることもありますが、多くの利用者に適用されている金利は15%~18%前後です。
要するにキャッシングの金利は消費者金融の金利と同じだということです。
住宅ローンや自動車ローンに比べてはるかに高い金利となっています。
審査時間が短いとかいつでも繰り返し利用できるというメリットの裏返しです。
そのためさきほどもご案内したようにいつでも返済出来るというメリットを使って、こまめに返済をして利用残高を減らすことで実際にかかってくる利息を減らすようにしましょう。

キャッシングの金利は消費者金融の金利と同じ水準

なかなか借金が減らない

住宅ローンや自動車ローンは借りた後は返済のみですから着実に借金金額が減っていきます。
これに対してキャッシングはさきほどもご案内したように利用可能額までは繰り返し利用することが出来ますから、ついつい利用をしてしまいなかなか借金金額が減らないというデメリットがあります。

返済してまた借りるでキャッシングがなかなか減らない

キャッシングのメリットが借金地獄の入り口になる

さきほどキャッシングのメリットとして繰り返し利用ができることを説明しました。
たしかに繰り返し利用ができることはキャッシングのメリットであり特徴でもあるのですが、実はこのキャッシングのメリットが借金地獄の入り口になってしまう危険があります。
繰り返し利用ができる。
つまり返済してまた借りることがキャッシングのメリットでもあり、危険な入り口でもあるのです。

返済してまた借りるが危険な入り口となる

キャッシングの返済してまた借りるは避ける

キャッシングというものは本来は一時的に必要なお金を一時的に借りるのが正しい使い方です。
返済してまた借りるはキャッシングの正しい使い方ではありません。
したがってキャッシングは翌月には一括して返済できる範囲内で利用することが正しい使い方です。

キャッシングは翌月の一括返済が正しい使い方

キャッシングの一括返済が難しい場合

しかし現実にはキャッシングを翌月に一括返済することが難しいこともあるでしょう。
翌月に一括返済をするために新たな借金を作ってしまう危険すら出てきます。
返済のために新たな借金を作ってしまう状況は借金地獄の入り口ではなくもう借金地獄に陥っていると考えてください。

リボ払いに変更する

キャッシングの返済方法は翌月の一括返済が原則ですが、多くの場合にはリボ払いへの変更ができるはずです。
キャッシングの一括返済が難しい場合には一旦リボ払いに変更をしてください。
キャッシングの返済のために新たな借金をすることは避けてリボ払いに変更して返済負担を軽減させてください。
そしてお金に少しでも余裕が出てきた際にはこまめに少額でもATMを使って任意返済をしてください。
これが返済してまた借りるの悪循環を防ぐ手段でもあるのです。

キャッシングの返済してまた借りるは悪いパターンのまとめ

以上、キャッシングの返済してまた借りるについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・返済してまた借りるはキャッシングのメリットの1つ
・しかし返済してまた借りるは借金地獄への入り口でもある
・キャッシングは翌月に一括返済できる範囲での利用が正解
・一括返済できない場合には一旦リボ払いに変更する

当サイトが確認済の事業資金融資です(PR)



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

3.保証人不要の事業資金
ネットで完結する事業資金融資です。

-個人の借金
-,