個人の借金

いざという時のためのお金の借り方

こういうことは無いに越したことはないのですが、私たちにはいざという時にお金が必要になることがあります。
手元に今まで貯めてきたお金があればそれを使えばよいのですが、手元にお金が十分になければお金を借りることを考えなければなりません。
お金を借りる先としては銀行や消費者金融などいろいろとありますが、どこからお金を借りるのが良いのかを考えていきます。

いつ必要かによるお金の借り方

まず最初の切り口はお金がいつ必要かという点です。
お金が必要となる時期が1か月以上先の場合には銀行や政府系金融機関(日本政策金融公庫が代表例)がおすすめです。
銀行や政府系金融機関では借入の申し込みをしてから審査に一定日数がかかりますが、金利が相対的に低いというメリットがあります。
金利は低い方が良いに決まっていますよね。
お金が必要となる時期が1か月以上先で時間的にまだ余裕がある場合には、銀行などの金利が低いところからの借入を優先して考えましょう。

お金がすぐに必要な場合

お金が今日、明日というようにすぐに必要な場合には金利が低いからといって審査に時間のかかる銀行等を選んでも間に合いません。
ここは金利は相対的に高いですが、即日融資も可能な消費者金融からの借入を考えましょう。
お金というのは必要な時に用意が出来ないと意味がありません。
消費者金融というイメージに抵抗感がある方もいらっしゃると思いますが、大手の消費者金融であれば大銀行の系列に入っているところも少なくありません。
昔のような悪いイメージを持つことはないと考えます。

クレジットカードのキャッシングはおすすめしません

手元にクレジットカードを保有している場合、そのクレジットカードにキャッシング枠が設けられていることもあると思います。
10万円とか20万円というのがクレジットカードについているキャッシング枠の相場です。
これは確かにすぐに借入することが出来て便利なのですが、翌月の一括返済が原則です。
例えば20万円をクレジットカードのキャッシングで借入すると翌月には一括にて20万円プラス利息を返済しなければなりません。
翌月の返済に支障がない場合には良いですが、そうでないとキャッシングの返済のためにまたどこからかお金を借りなければなりません。
借金が増えている原因の1つです。
緊急時の場合などやむを得ない事情ではクレジットカードのキャッシングは強い味方なのですが、そうでなければ利用は避けましょう。

いつ必要かによって借り方を考える

このようにお金がいつ必要なのかその時間的余裕を考えて借りる先を選んでみましょう。
必要な時期までまだ時間的に余裕がある時は相対的に金利の低い銀行等からの借入を考えましょう。
一方で必要な時期までに時間的な余裕がない場合には相対的に金利が高いですがすぐに借入可能な消費者金融からの借入を考えましょう。

-個人の借金
-, , ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.