当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

個人の借金

キャッシングの使い方

クレジットカードに付帯サービスとしてお金が借りられるキャッシング。
便利なキャッシングですが一方で金利が高いといった弊害もあります。
キャッシングの賢い使い方について融資担当の銀行員が説明をします。

キャッシングの使い方のポイント

最初にキャッシングの使い方のポイントをまとめます。

キャッシングの使い方のポイント

・キャッシングは便利であるが金利が高い
・キャッシングの一時的な出費などに限定して使うべき
・キャッシングがすぐに返済できない場合にはリボ払いへの変更を行う

キャッシングはできるだけ使わない

手元にクレジットカードを保有している場合、そのクレジットカードにキャッシング枠が設けられていることもあると思います。
10万円とか20万円というのがクレジットカードについているキャッシング枠の相場です。
これは確かにすぐに借入することが出来て便利なのですが、翌月の一括返済が原則です。

キャッシングの返済は翌月の一括返済が原則

キャッシングは翌月の一括返済が原則

例えば20万円をクレジットカードのキャッシングで借入すると翌月には一括にて20万円プラス利息を返済しなければなりません。
翌月の返済に支障がない場合には良いですが、そうでないとキャッシングの返済のためにまたどこからかお金を借りなければなりません。
借金が増えている原因の1つです。
緊急時の場合などやむを得ない事情ではクレジットカードのキャッシングは強い味方なのですが、そうでなければ利用は避けることが賢明です。

キャッシングの一括返済が借金が膨らむ原因になりえる

いつ必要かによるお金の借り方

こういうことは無いに越したことはないのですが、私たちにはいざという時にお金が必要になることがあります。
手元に今まで貯めてきたお金があればそれを使えばよいのですが、手元にお金が十分になければお金を借りることを考えなければなりません。
お金を借りる先としては銀行や消費者金融などいろいろとありますが、どこからお金を借りるのが良いのかを考えていきます。

お金がいつ必要かによって借り方を考える

すぐにお金が必要かどうか

まず最初の切り口はお金がいつ必要かという点です。
お金が必要となる時期が1か月以上先の場合には銀行や政府系金融機関(日本政策金融公庫が代表例)がおすすめです。
銀行や政府系金融機関では借入の申し込みをしてから審査に一定日数がかかりますが、金利が相対的に低いというメリットがあります。
金利は低い方が良いに決まっていますよね。
お金が必要となる時期が1か月以上先で時間的にまだ余裕がある場合には、銀行などの金利が低いところからの借入を優先して考えましょう。

すぐにお金が必要ではない場合には銀行ローンを使う

お金がすぐに必要な場合

お金が今日、明日というようにすぐに必要な場合には金利が低いからといって審査に時間のかかる銀行等を選んでも間に合いません。
ここは金利は相対的に高いですが、キャッシングや即日融資も可能な消費者金融からの借入を考えましょう。
お金というのは必要な時に用意が出来ないと意味がありません。
消費者金融というイメージに抵抗感がある方もいらっしゃると思いますが、大手の消費者金融であれば大銀行の系列に入っているところも少なくありません。
昔のような悪いイメージを持つことはないと考えます。

お金がすぐに必要な場合にはキャッシングや消費者金融を使う

いつ必要かによって借り方を考える

このようにお金がいつ必要なのかその時間的余裕を考えて借りる先を選んでみましょう。
必要な時期までまだ時間的に余裕がある時は相対的に金利の低い銀行等からの借入を考えましょう。
一方で必要な時期までに時間的な余裕がない場合には金利が高いですがキャッシングやすぐに借入可能な消費者金融からの借入を考えましょう。

キャッシングの正しい使い方

キャッシングの正しい使い方について整理をします。

キャッシングは金利が高いし翌月一括返済がきつい

キャッシングはクレジットカードに付帯しているサービスでキャッシング枠さえ設定されていれば、いつでもATMからお金を借りることができます。
しかしキャッシングの金利は消費者金融の金利と同じ水準で高いです。
またキャッシングの返済は翌月に利息とあわせて一括返済をしなければなりません。
このためキャッシングを返済するために別の借金をして返済しなければならない状態では借金が借金を生む悪循環に陥ります。

キャッシングが借金地獄に陥る原因になることもある

キャッシングは一括返済ができる見込みに限って利用する

借金が新たな借金を生む悪循環に陥らないようにするには、基本的にキャッシングの利用は一括返済ができる範囲内にとどめるべきです。

キャッシングは短期の利用が賢明

このようにキャッシングは短期間の利用に留めることが賢明であり、これが本来のキャッシングの正しい使い方です。
翌月に返済のあてもないのにキャッシングを利用することが間違った使い方、危険な使い方です。
翌月に返済が難しいほどキャッシングを利用した場合には、迷わずキャッシングの返済をリボ払いに変更をしてください。
カード会社のホームページなどから簡単にキャッシングの返済を一括返済からリボ払いに変更することができます。
リボ払いにして返済負担を軽減して返済のために新たな借金を作ってしまう危険を排除することが賢明です。

キャッシングの使い方のまとめ

以上、キャッシングの使い方についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・キャッシングは高金利で一括返済という厳しい条件の借り方
・キャッシングは少額かつ返済ができる範囲内の使い方に留めるべき
・もしキャッシングの一括返済が無理な場合にはリボ払いに変更して返済負担を軽減する

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-個人の借金
-