個人の借金

借金完済のために借金の口数を少なくしましょう

借金をきちんと返済をしたいが、毎月の借金返済額が多くてとてもそのようなことは考えられない・・・
借金を減らす確実な道は収入の範囲内に生活費や借金の返済が収まることです。
そのためにはどのようにすれば良いのかを説明します。

ある家庭の例

次の図をご覧ください。
家計収支
この図はある家庭の毎月のお金の収支を1年分示したものです。
毎月340千円ほどの収入があり年間では4,480千円の収入があります。
一方で食費や家賃などの生活に関わる支出は毎月305千円程度で年間の支出合計は3,964千円となっています。
したがって生活に関わる支出は収入の範囲内に収まっています。
ここまでは問題ありません。
問題なのはローンの返済が毎月75千円あり、年間では900千円の返済負担となっていることです。
このローンの返済が収入から生活に関わる支出を差し引いた余裕額(=年間516千円・生活収支の欄)を超えてしまっていることです。
このため収入から生活に関わる支出とローンの返済を差し引くと年間384千円(総合収支の欄)のマイナスとなっています。
年間では384千円のマイナスですから預貯金を取り崩して対応するか、預貯金が乏しい場合にはマイナス部分を新たな借金をして凌ぐしかありません。
仮に新たな借金を400千円行うとすると、せっかく年間900千円のローン返済をしても新たな借金を400千円行うわけですからトータルでは500千円しか借金が減りません。
新たな借金で新たな返済も加わる悪循環になってしまいます。
これではなかなか借金が減りませんし、気持ち的にも落ち込んでしまいます。

借金の口数を減らす

借金明細
この図はこの家庭の毎月75千円のローン返済の内訳です。
全部で5口のローンを利用しており合計75千円の返済負担となっています。
この返済額を生活収支(収入から家賃や食費などの生活に関わる支出を引いた残り)の範囲内に収めることが出来れば、もう新たな借金を行う必要がなくなります。
仮に毎月のローン返済額が30千円、年間では360千円に収めることが出来れば、生活収支は年間+516千円でしたからローン返済をしても手元にお金が残る計算になります。
新たな借金も行う必要がなくなりますから、返済した分だけ借金額も減少します。

具体的にどうすれば良いか

さて理屈はご理解いただけたと思います。
問題はどのようにして借金の口数を減らすかです。
仮に手元にある程度の預貯金があれば、その預貯金を取り崩していつくかの借金を全額繰上返済してしまうのがもっとも簡単な方法です。
では手元にそのような預貯金がない場合はどうすれば良いのでしょうか。
諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
借換して借金の口数をまとめるという方法があります。
「それは怪しい金融会社がやっているのではないの?」といった疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはありません。
借金の借換(おまとめローンとも言われています)の取扱いは普通の銀行やクレジットカード会社などの信販会社でも取り扱いがされています。
もちろん審査がありますから必ず利用できるとは言い切れませんが、やってみる価値は十分にあると思います。
今ではネットで簡単に申し込み手続きや実際の借換手続きが出来ます。
特に勇気も必要ありません。

ココがポイント

今のままでは借金の返済のために新たな借金をせざるを得ない状況になっています。
いつまで経っても借金が減らず、気が付いたら借金が増えていたということも決して珍しくありません。
借金の借換、やってみる価値は十分にあります。
借換が出来れば着実に借金が減っていきます。





関連コンテンツ

カテゴリー

タグ一覧

記事検索

お問い合わせ

即日融資で人気の商品

【第1位】ビジネスローン

ビジネスローンの世界では最古参の実績があります。
歴史が長く多くの事業会社が利用しており高い信頼性があります。

審査から最短即日で融資可能となっています。

【第2位】プロミス

三井住友銀行100%子会社のキャッシングサービスです。
最短1時間での融資が可能です。
顧客満足度が最も高い金融商品です。

【第3位】資金調達プロ

こちらは融資ではなく売掛金を活用した資金調達商品(ファクタリング)です。
そのため銀行等から融資が受けられない場合でも対応可能です。
10秒で資金調達がいくら可能かがわかるのが人気の理由です。

おすすめ記事

1

個人の方でお金がすぐに必要だという時にキャッシングの即日融資はとても強い味方になってくれます。 しかし本当に即日に融資が受けられるのかどうか疑問に感じられている方も少なくないと思います。 ここでは管理 ...

2

月末の支払資金が不足している、予定していた入金が遅れることになり資金繰りが危ない・・・。 いろいろな理由で急に資金手当てをしなければならないことになり融資が必要となることもあります。 最も大切なことは ...

3

初めてキャッシングを利用されている方にこれだけは押さえておいてほしいというポイントを1つだけ説明します。 とても大切なことです。 キャッシングの特徴 大切なポイントをご案内する前にまずはキャッシングに ...

4

資金繰りのためにどうしても銀行から融資を受けたいが、赤字など業績が悪いなどの理由で融資が受けらない状況に落ちってしまった場合、そのままでは破綻してしまいます。 精神的にも追い詰められた状況だと思います ...

5

よく「運転資金が足らない」という言葉を耳しませんか? 事業を営んでいる上で運転資金は基本的に常に必要で資金繰りにも大きな影響を及ぼすものです。 ここでは運転資金とはいったいどういうものなのかを整理して ...

6

カードローン・キャッシングは必要な時にすぐに借入が出来るとか利用可能額までは繰り返し借入が出来るなど便利ですから急な出費の備えとして準備しておきたいところです。 しかし金利が高いというのが気になって悩 ...

7

赤字決算の場合、資金繰りが苦しくなり融資を受けたいところですが銀行は融資に慎重姿勢になります。 一方で赤字決算でも融資を新規に受けている会社(個人事業主)はたくさんあります。 赤字決算の場合の銀行への ...

-個人の借金

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5