個人の借金

住宅ローン審査時の必要書類

住宅ローンの審査を受けるにあたり必要書類をご案内します。
必要書類のしっかりとした準備がスムーズに住宅ローンの審査が受けられることになり審査時間を短縮できることにつながります。

本人確認書類

住宅ローンの審査の必要書類のスタートは本人確認資料です。
本人確認書類の基本は公的な顔写真がある書類となります。
代表的なものは運転免許証です。
もちろん有効期限内のものでないといけません。
運転免許証を持っていない場合にはパスポートとなります。

顔写真付きの公的書類がない場合

運転免許証もパスポートのない場合には複数の書類にて本人確認書類を行うこととなります。
例えば住民票と健康保険証です。
複数の書類の組み合わせはいろいろとありますので、申し込む銀行に確認をしましょう。

収入確認資料

次に住宅ローンの審査の必要書類は収入の確認資料です。

会社員など確定申告をしていない場合

会社員の場合には源泉徴収票です。
直近の源泉徴収票となります。
入社して間もないなど源泉徴収票がない場合には最近3ヶ月の給与明細と直近2回の賞与明細となります。
賞与が年1回の支給の場合には直近1回の賞与明細となります。
なおこれらの書類に代えて所得証明書または住民税決定通知書でも大丈夫です。

個人事業主など確定申告をしている場合

個人事業主など確定申告をしている場合には直近1年の確定申告書となります。
なお銀行によっては確定申告書は直近1年だけではなく直近3年分が必要となるところもあります。
さらに納税証明書その1と納税証明書その2が必要書類となります。
納税証明書その1とは納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明が記載されているものとなります。
納税証明書その2とは所得金額の証明となります。
納税証明書の取得先は税務署となります。

会社経営者の場合

会社経営者の場合には上記の確定申告書などの書類に加えて経営する会社の決算書が必要となります。
直近3期分の決算書となります。
会社経営者の場合にはその収入は経営する会社の業績によって左右されますから、会社の決算書が必要となってくるのです。

物件に関する資料

最後に住宅ローンで購入しようとする自宅物件に関する資料が必要です。

不動産売買契約書

不動産の売買契約がすでになされている場合に不動産売買契約書が必要書類となります。

不動産広告チラシなど

不動産売買契約がこれからの場合には不動産広告チラシなど購入しようとしている物件がわかる資料が必要となります。
なお不動産広告チラシなどには①物件価格 ②物件の間取り ③物件の概要(所在や面積、築年月の他、各種制限事項や取引、価格等に関わる事項)の記載が必要です。

住宅ローン審査での必要書類まとめ

以上が住宅ローンの審査の必要書類となります。
銀行によって対象の違いが追加で必要書類が発生することがありますので事前に必要書類の確認をしてください。
住宅ローンの審査で意外に時間を要するのがこれら必要書類の準備です。
必要書類が整わないと銀行は住宅ローンの審査に着手してくれません。
審査期間を短縮する上でもきちんと事前に必要書類を準備しておきましょう。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-