個人の借金

クレジットカードの分割払いは住宅ローンの審査に影響しますか?

住宅ローンは銀行の個人向けローンの中でもっとも審査基準が厳しいローンです。
今回はクレジットカードの分割払いが住宅ローンの審査に影響するのかどうかを説明します。

住宅ローンの審査項目一覧

住宅ローンの審査項目一覧
この図は銀行で行われている住宅ローンの審査項目一覧を示したものです。
この中でクレジットカードが関係してくるのは9の返済比率と10の他社借入状況です。

返済比率とは

返済比率とは収入に占めるローンの返済額の割合のことです。
ローンの返済額には住宅ローンの返済額の他に、他にローンの利用があればその返済額もプラスされます。
返済比率の審査基準は銀行や収入の大小によって異なりますが、審査目線としては35%以内です。
返済比率が35%超となると原則として住宅ローンの審査には通りません。

他社借入状況

住宅ローンの申込時には自己申告で他社からの借入状況を申告しますが、銀行ではその人の個人信用情報を調査して他社借入状況を調べています。
どういうところからどのような借入があるのかがわかるとともに、きちんと返済をしているかどうかの返済状況も調べています。
他社借入状況の調査の結果、消費者金融から借入があるとそれだけで住宅ローンの審査に通らないことが少なくありません。

クレジットカードの分割払いとは

クレジットカードの利用代金は一回払いというのが原則です。
しかし高額なショッピングをした場合などには支払額を軽減するために分割払いで支払う方法が用意されています。
このクレジットカードの分割払いは住宅ローンの審査においては他社借入とみなされます。
そのため返済比率の計算においてはクレジットカードの分割払いの金額も加算されます。
したがってクレジットカードの分割払いのために返済比率が超過してしまい、住宅ローンの審査に通らない可能性もあります。

クレジットカードの分割払いの支払状況

さらに個人信用情報の調査によりクレジットカードの分割払いの代金を毎回支払日にきちんと支払いをしているかどうかも調べられます。
個人信用情報では直近2年の支払状況が登録されています。

1日でも遅れると影響する

この個人信用情報に登録されている支払状況ですが、支払日にきちんと支払いがされたのか、もしくは支払がされなかったのかが記載されています。
そのため仮にたった1日でもクレジットカードの分割払いの支払が遅れるときちんと支払いがされなかったという情報が登録されてしまいます。
支払に遅れたのが1回程度であれば「預金口座に入金し忘れたのかも」と考えられますが、4回も5回もあればたまたま支払が遅れたとは銀行は考えません。
お金が足りなくて、お金が苦しくて支払に遅れたと銀行は考えます。
こうなると住宅ローンの審査に通らないことになってしまいます。

3ヶ月以上の遅れが完全にアウト

なおクレジットカードの分割払いの支払が3ヶ月以上遅れると、単に支払日に支払がなかったという情報に留まらず延滞情報として個人信用情報に記録されます。
個人信用情報の延滞情報は事故情報です。
そのためクレジットカードの分割払いの支払が3ヶ月以上遅れると住宅ローンの審査には絶対に通りません。

クレジットカードの分割払いはなるべく控える

クレジットカードの分割払いはこのように返済比率と他社借入状況の2つの住宅ローンの審査に影響を与えます。
そして住宅ローンの審査にプラスに働くことは一切ありません。
クレジットカードの分割支払いの利用はなるべく控えましょう。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-,