個人の借金

妻のカードローンは住宅ローンが通らない理由になりますか?

住宅ローンの審査は銀行の個人向けローンの審査のなかでもっとも厳しいものでしょう。
住宅ローンは超長期ローンでありしっかりと審査を行う必要があるからです。
ここでは妻がカードローンを利用している場合、夫の住宅ローンが通らない理由になるのかどうかを説明します。

妻のカードローンに関する質問

個人事業主の妻です。
事業の資金繰りが苦しいために妻である私名義で今月に銀行カードローンを利用しました。
来月、主人が住宅ローンの申込を予定していますが、妻のカードローンが原因で夫の住宅ローンが通らない理由になりますか?

住宅ローンの審査対象

住宅ローンを申込むと当然、審査がありますがその審査対象は原則として申し込みをした本人となります。
今回のケースでは夫です。
夫のみが住宅ローンの審査対象となり妻を含めた家族は審査の対象にはなりません。
参考までにと妻や家族の状況を調べるようなこともありません。

妻が住宅ローンの審査対象になる場合

しかしあるケースでは妻が住宅ローンの審査対象になることがあります。
妻が住宅ローンの審査対象になれば妻のカードローンは住宅ローンの審査に影響を与えることになります。
では妻が住宅ローンの審査対象になる場合はどのようなケースでしょうか。

妻が連帯保証人になる

妻が住宅ローンの審査対象になるケースの1つとしては妻が夫の住宅ローンの連帯保証人になる場合です。
妻が連帯保証人になる場合は次の2つの場合が考えられます。

夫と妻は共同経営者

夫は個人事業主として事業を営んでいるわけですが、住宅ローンの返済原資となる収入はその事業から得られるものです。
そしてその事業を夫単独ではなく妻がいないと成り立たないとか、妻が実質的に夫とともに共同経営者と考えられる場合には妻が連帯保証人になるように求められることがあります。
明確な決まりはないのですが銀行の判断で妻が夫の住宅ローンの連帯保証人になるよう求められることがあります。

不動産の夫婦の共有名義とする

住宅ローンにて購入する自宅不動産を夫単独の名義ではなく夫婦の共有名義とする場合も妻が連帯保証人になることが求められることがあります。

妻が連帯債務者になる

さきほどの妻が連帯保証人になるケースと同じで連帯保証人ではなく連帯債務者になるよう求められることもあります。
このように妻が連帯保証人もしくは連帯債務者になる場合には妻も住宅ローンの審査対象となります。

妻のカードローン=住宅ローンに通らない理由ではない

もっとも妻がカードローンを利用しているからといって、その事実だけで夫の住宅ローンが通らない理由とはなりません。
妻がカードローンを利用していて過去に延滞しているといった事実があれば住宅ローンが通らない理由になりますが、普通にカードローンを利用していてきちんと返済もしている場合には、それが直ちに住宅ローンが通らない理由にはなりません。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-