個人の借金

クレジットカードの支払をカードローンで行っている

普段、クレジットカードを利用してその引落はカードローンを使ってお金を引落口座に入金をしている・・・。
ではクレジットカードを利用しなければいいのではという考えもありますが、必要に迫られて利用していることともあると思います。
カードローンを使って利用代金を支払うことの是非についてのテーマです。

カードローンを温存する

クレジットカードの利用代金につき手元にお金の余裕がなければカードローンなどを使って引落のお金を準備することは間違ってはいないと思います。
本来であればカードローンなど利用はしたくはないはずでやむを得ない事情もありカードローンでお金を用意してクレジットカードの引落に対応しているのだと思います。

クレジットカードのリボ払いの利用も一考

ところでクレジットカードの支払方法にはリボ払いというものがあります。
簡単に言えば利用代金を分割で支払っていく方法です。
このリボ払いを利用すればわざわざカードローンの利用可能枠を使って利用する必要がなくなります。
何を申し上げたいのかというとカードローンの利用可能枠を取っておいて、今後のために備えるということです。
クレジットカードのリボ払いを使って支払額を少なくしてわざわざカードローンを利用しなくても済むようにするということです。

金利はリボ払いの方が高いが・・・

確かに金利だけを比較すれば一般的にはクレジットカードのリボ払いの金利よりもカードローンの金利の方が低いと言えます。
クレジットカードのリボ払いの金利はおおむね15%~18%程度です。
一方でカードローンの金利はおおむね18%以下です。
変わらないこともありますが、一般的にはクレジットカードのリボ払いの金利の方がカードローンの金利よりも高くなっています。
したがって金利だけを考えればカードローンを使った方が良いのですが、しかしカードローンには利用可能枠が設定されていますからクレジットカードの支払用に使えば使うほどカードローンの利用可能枠は狭まっていきます。

どちらが良いのかはお金の見通し次第

今後もお金の入用の予定がありカードローンを利用する可能性がある場合には、クレジットカードのリボ払いを利用してカードローンは温存すべきでしょう。
逆に今後に特にお金の入用の予定はなくカードローンも利用する必要がない場合には、クレジットカードの支払にカードローンを利用しても良いでしょう。
クレジットカードのリボ払いの金利負担を考えられるのであればそれは手元に余裕がある時にリボ払いの繰上返済を利用すれば利息の節約を行うことができます。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, ,