個人の借金

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いは?

カードローンとクレジットカードのキャッシングはどちらも借金であり金利もほとんど同じです。
しかしカードローンとクレジットカードのキャッシングには違いもあります。
カードローンとクレジットカードのキャッシングの共通点と違いを説明します。

カードローンとキャッシングの共通点

まずカードローンとキャッシングの共通点を説明します。

いずれも借金

まずはカードローンとクレジットカードのキャッシングはどちらも借金だということです。
カードローンが借金であることはわかりやすいと思いますが、クレジットカードのキャッシングも利用するカードはクレジットカードであっても借金そのものです。
クレジットカードのキャッシングはクレジットカードの付帯サービスとして付いている借金そのものなのです。

返済方法はリボ払い

カードローンの返済方法は利用残高に対して一定の金額を毎月返済していくいわゆるリボ払いです。
一方でクレジットカードのキャッシングの返済方法は原則は翌月の一括返済方法ですが、こちらも返済方法としてリボ払いの機能が付いていますから、実態としてはカードローンとクレジットカードのキャッシングの返済方法はいずれもリボ払いで共通です。

金利

カードローン会社やクレジットカード会社によって金利は異なりますが、カードローンとクレジットカードのキャッシングの金利はそれぞれ15%~18%程度に設定されておりほとんど変わりません。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

ほとんど似ているカードローンとクレジットカードのキャッシングですが、違いもあります。

カードローンはローン専用商品

カードローンは文字通りローンに特化した専用商品です。
カードローンは通常、銀行のキャッシュカードのようなカードが発行されますがこのカードはローンに特化したカードです。

クレジットカードのキャッシングは付帯サービス

一方でクレジットカードのキャッシングはあくまでもクレジットカードの本体に付属している付帯サービスとの位置づけです。
クレジットカードの一部分なのです。
クレジットカードのカードは見た目はいわゆるクレジットカードそのものであり、これにキャッシング機能が付帯サービスとして付いています。
キャッシング専用のカードがあるわけではありません。
クレジットカードのキャッシングには利用限度額が設けられていますが、これはクレジットカード全体の利用限度額の一部分として組み込まれています。
つまりキャッシングを利用すればそれはクレジットカードの利用額を食ってしまうということです。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの使い分け

クレジットカードの利用代金の引落のお金を準備するのであればそれはカードローンを使うのではなくクレジットカードのキャッシングで対応すれば良いのではないでしょうか。
カードローンはあくまでも交際費やその他の出費に利用することをおすすめします。
クレジットカードの支払に関してはあくまでもクレジットカード単体で解決をするということです。
クレジットカードの引落にカードローンを利用するとなるとごちゃごちゃになってしまい、借金が増えてしまう傾向が強いです。
それぞれを区分けして利用するようにしましょう。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, ,