個人の借金

カードローン・キャッシングの利息を少なくする方法

カードローン・キャッシングは必要な時にすぐに借入が出来るとか、利用可能額までは繰り返し借入が出来るなど便利な反面、金利が高いというのが気になるところですね。
カードローン・キャッシングの広告には金利が1%台からと表示されているところもありますが、ほとんど方に適用されている金利水準は7%台から15%台程度が多いのではないでしょうか。
住宅ローンやオートローン、教育ローンなどに比べると金利がかなり高いというのがカードローン・キャッシングの特徴です。
3万円を返済しても利息で2万円がかかり、元本の返済はたった1万円で全然借金額が減らないというのはやはり金利が高いことが原因です。
しかし工夫をすれば支払う利息の額を抑える方法がありますので、今回のその方法をご案内します。

まず利息の計算式を理解しておきましょう

ところで毎月返済する利息はどのように決まっているのかご存知でしょうか。
まずは利息がどのように決まっているのかを整理しておきましょう。
利息計算式
上の図は1ヶ月あたりにかかってくる利息の計算式を示したものです。
この計算式で整理をしておきたいポイントは利息は元金に対してかかってくるということです。
元金、つまり借金の残高ですね。
例えばキャッシングの残高がずっと1か月間50万円で金利が15%だとすると利息額はつぎのようになります。
利息計算式
このように利息は元金、つまり借金の残高に応じて変動するということを押さえてください。
そして利息は1日毎の積み重ねで1か月間の合計金額で決まっています。
いずれにしても、繰り返しますが利息は元金つまり借金の残高に対してかかってきます。

こまめな返済で元金を減らす

利息が元金に対してかかってくるのであれば、その元金を減らせばかかってくる利息も減ることになります。
カードローン・キャッシングは毎月決まって日に返済がありますが、コンビニエンスストアのATMなどを使って毎月の返済日以外でも手軽に返済することが出来ます。
毎月の返済日以外に返済することを任意返済といいます。
例えば現在のカードローン・キャッシングの利用残高、つまり元金が50万円とします。
そして給料日に3万円を任意返済すると、利用残高は47万円となります(実際には利息の支払いも発生しますが、わかりやすくするために利息はゼロと仮定しています)。
利息は1日毎の積み重ねで計算されているとさきほど説明しました。
そうすると3万円の任意返済をする前は元金50万円に対して利息がかかっているのに対して、任意返済後は47万円に対して利息がかかることになります。
さきほどの利息の計算式をもう一度ご覧ください。
利息計算式
元金が少なくなれば利息も少なくなることが理解していただけると思います。
小さい金額かもしれませんが、積み重ねると決して無視できない金額となります。
このようにこまめな返済で支払う利息を節約することが出来るのです。
1万円でも良いですから、手元に余裕がある時はこまめに任意返済をして利息を少なくする工夫をしましょう。

-個人の借金
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.