個人の借金

借金の返済は可能でしょうか?

ある20代男性からの相談事項です。
まずはこの男性の現在の借金の明細は次のとおりです。
借金明細
カードローンとクレジットカードで合計3,500千円の借金があります。
毎月の借金返済額は75千円です。
では借金が返せるのかどうか、次の収支を見てみましょう。
家計収支
③の収入390千円から生活に関わる支出⑱307千円を差し引いた残りは⑲の83千円です。
これに対して借金返済額合計は㉒の75千円で、8千円のおつりがでています。
つまり次のような関係にあります。
借金返済収支
つまり借金が返済出来るということです。

借金返済の進め方

借金の返済額が収入から生活に関わる支出を除いた残りの生活収支の範囲内に収まっていますから、理論上は返済が可能です。
しかし余裕額がわずか8千円です。
風邪を引いた治療費やつきあいが重なり支出が膨らむということもあるでしょう。
余裕が8千円というのはやはり心もとないでしょう。
突発的な出費のために再び新たな借金をせざるを得ないという可能性もあります。
そうならないように生活費を見直すとともに借金返済の進め方に工夫をしてみましょう。

そもそも借金の返済額は借金の件数に応じて増えていきます。
返済額が多い方が借金の返済が早く進むことは確かですが、返済額が大きいためにぎりぎりの生活を行い、突発的な出費のために新たな借金を作ってしまっては元も子もありません。
この20代男性の場合にはまさにぎりぎりの状態ですから、まずは借金の返済にゆとりをもたせ突発的な出費にも借金に頼ることなく自力で対応できる状態にすることが大切です。
借金の返済にゆとりをもたせる、つまり借金の返済額を減らすことが現時点では大切です。
この20代男性の場合、借金はカードローン1社とクレジットカードが2社です。
カードローンというのは利用可能額までは繰り返し利用出来ます。
クレジットカードの利用残高は1,200千円と700千円です。
したがって700千円のクレジットカードの完済をまずは行い、借金の件数を減らして毎月の返済額を少なくしたいところです。
現在もしくは将来、カードローンの追加可能額が700千円となれば、そのカードローンを利用して700千円のクレジットカードを完済しましょう。
せっかくカードローンを返済してきたのに、また残高が増えるではないかと思われるかもしれませんが、700千円のクレジットカードの返済に充当しますから借金の総額は変わりません。
そして700千円のクレジットカードを完済すれば、今までそのクレジットカードの返済に充てていた20千円がなくなります。
今までの8千円の余裕額が28千円に増えます。

新たな借金を作らない状況にする

この20代男性の場合には何とか借金が返済出来る状況にあります。
気を付けなければいけないことは新たな借金を作らないことです。
そうするためには突発的な出費に対応出来るようにお金の収支を改善することです。

ココがポイント

今回ご紹介したカードローンを利用してクレジットカードを返済する方法は、当面の借金返済額を少なくしてお金の収支に余裕を持たせて新たな借金を作らないために行うものです。
ぎりぎりの状態で無理をして借金の返済を続けても、突発的な要因などであっという間に借金が再び増えてしまいます。
そうならないように当面は借金の件数を減らして返済額を少なくすることが借金完済に向けた着実な道なのです。

関連コンテンツ

カテゴリー

タグ一覧

記事検索

お問い合わせ

即日融資で人気の商品

【第1位】ビジネスローン

ビジネスローンの世界では最古参の実績があります。
歴史が長く多くの事業会社が利用しており高い信頼性があります。

審査から最短即日で融資可能となっています。

【第2位】プロミス

三井住友銀行100%子会社のキャッシングサービスです。
最短1時間での融資が可能です。
顧客満足度が最も高い金融商品です。

【第3位】資金調達プロ

こちらは融資ではなく売掛金を活用した資金調達商品(ファクタリング)です。
そのため銀行等から融資が受けられない場合でも対応可能です。
10秒で資金調達がいくら可能かがわかるのが人気の理由です。

おすすめ記事

1

個人の方でお金がすぐに必要だという時にキャッシングの即日融資はとても強い味方になってくれます。 しかし本当に即日に融資が受けられるのかどうか疑問に感じられている方も少なくないと思います。 ここでは管理 ...

2

月末の支払資金が不足している、予定していた入金が遅れることになり資金繰りが危ない・・・。 いろいろな理由で急に資金手当てをしなければならないことになり融資が必要となることもあります。 最も大切なことは ...

3

初めてキャッシングを利用されている方にこれだけは押さえておいてほしいというポイントを1つだけ説明します。 とても大切なことです。 キャッシングの特徴 大切なポイントをご案内する前にまずはキャッシングに ...

4

資金繰りのためにどうしても銀行から融資を受けたいが、赤字など業績が悪いなどの理由で融資が受けらない状況に落ちってしまった場合、そのままでは破綻してしまいます。 精神的にも追い詰められた状況だと思います ...

5

よく「運転資金が足らない」という言葉を耳しませんか? 事業を営んでいる上で運転資金は基本的に常に必要で資金繰りにも大きな影響を及ぼすものです。 ここでは運転資金とはいったいどういうものなのかを整理して ...

6

カードローン・キャッシングは必要な時にすぐに借入が出来るとか利用可能額までは繰り返し借入が出来るなど便利ですから急な出費の備えとして準備しておきたいところです。 しかし金利が高いというのが気になって悩 ...

7

赤字決算の場合、資金繰りが苦しくなり融資を受けたいところですが銀行は融資に慎重姿勢になります。 一方で赤字決算でも融資を新規に受けている会社(個人事業主)はたくさんあります。 赤字決算の場合の銀行への ...

-個人の借金
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5