個人の借金

個人信用情報の入金状況記号$とA

私たち個人がカードローンやクレジットカードの申し込みを行った場合、必ず審査を受けることになりますがその際必ず調査をされるのが個人信用情報です。
個人信用情報には様々な情報が記録されていますが、その中でも重視されるのが入金状況です。
入金状況を示す$とAの2つの記号がとても重要です。

個人信用情報に記録されている入金状況情報

入金状況情報とは毎月のカードローンなどの返済やクレジットカードの支払状況のことです。
過去24ヶ月分の支払状況が記録されています。
そして個人信用情報ではこの支払状況を8種類の記号で記録がされています。
その8種類の記号とは$、P、R、A、B、C、空欄、-です。
その中でも重要なのが$とAです。

入金状況記号$とは

入金状況記号$とは毎月の支払日にきちんと全額の支払いがあったことを意味しています。

入金状況記号Aとは

これに対して入金状況記号Aは毎月の支払日支払いがなかったことを意味しています。

二人の入金状況の比較

入金状況記号
この図はAさんとBさんの二人の24ヶ月の入金状況記号の状況です。
Aさんは24ヶ月間すべて$です。
これはAさんは24か月間すべて毎月の支払を1日も遅れなくきちんと支払いをしたことを示しています。
これに対してBさんは$もありますがAがしばしば発生しています。
Bさんについては毎月の支払日にきちんと支払いをした月もあるものの、支払日に支払いがなかった月も結構あります。
AさんとBさんのどちらがしっかりとしているですが、当然Aさんですよね。
Aさんについては入金状況、つまり毎月の支払状況にまったく問題はありません。

Bさんは審査に通らない

これに対してBさんはしばしば支払日に支払がなかった状況です。
なぜ支払いが遅れたのかをBさんに聞いた場合、例えばBさんからは「仕事が忙しくて銀行に入金に行けなかった」と言うかもしれません。
本当に仕事が忙しくて銀行に行く時間もなく引落口座に入金ができずに支払が遅れたのかもしれません。
しかし銀行やカード会社はそのようなことは信じません。
例えBさんの言うことが本当であったとしても銀行やカード会社にはそれが真実なのかどうかはわかりません。

銀行やカード会社の審査は保守的

Bさんに多い入金状況記号のAについて、つまり支払日に支払がなかったことについて銀行やカード会社はお金がないために支払ができなかったとみなします。
本当の理由は別だったのかもしれませんが、銀行やカード会社の審査というものは保守的、ネガティブに考えるものです。
支払日に支払ができずにAとなってしまった理由が仕事が忙しく銀行口座に入金ができなかったということが真実だったとしても、銀行等にはそれがわかりませんから保守的に、ネガティブにお金がないから支払ができなかったと考えるのです。
Bさんの入金状況記号Aの数が1つや2つ程度であれば審査に大きくマイナスにはなりません。
入金し忘れと考えることもできるからです。
しかし1つや2つではない入金状況記号のAがあれば、審査に大きくマイナスとなり、まず審査に通ることはありません。
きちんと毎月の支払日に支払を続けていることが審査上は当然のことであり、かつ信用のプラスになるのです。

関連コンテンツ

-個人の借金
-