個人の借金

住宅ローンの審査とクレジットカードリボ払いの関係

住宅ローンの審査は銀行の個人ローンのなかでもっとも審査が厳しいローンです。
今回は住宅ローンの審査とクレジットカードのリボ払いとの関係について説明をします。

住宅ローンの審査項目一覧

住宅ローンの審査項目一覧
この図は銀行で行われている住宅ローンの審査項目の一覧です。
この審査項目のなかでクレジットカードのリボ払いが影響してくるのは9の返済比率と10の他社借入状況です。

返済比率とは

返済比率の住宅ローンの審査項目について説明をします。
返済比率とは収入に対しての返済額の割合です。
返済額には住宅ローンの返済額だけではなく、他にローンがあればその他のローンの返済額を含めて返済比率が計算されます。
当然ながら返済比率は低い方が良いことになります。
返済比率の住宅ローン審査基準は銀行や収入の大小におって多少異なってきますが、目線は35%です。
返済比率が35%以下であれば返済比率の審査はOKとなります。
逆に返済比率が35%超となれば返済比率が原因で住宅ローンの審査は原則として不可となります。

他社借入状況とは

次に他社借入状況の審査項目について説明をします。
他社借入状況は2つの視点があります。

どこから借入をしているか

2つの視点の1つ目はどこから借入をしているのかということです。
借入先が銀行等であれば問題はないのですが、問題となるが消費者金融です。
これも銀行によって多少考え方が異なってきますが、消費者金融からの借入があるだけで住宅ローンの審査には通らないところが多数です。

返済状況

返済状況とは文字通り他のローンの返済状況です。
住宅ローンを申込むと必ずその人の個人信用情報を調査します。
個人信用情報を調査することによって他のローンをきちんと支払っているか、延滞が発生していないかがわかります。
長期間の延滞がある、延滞回数が1回や2回程度ではないなど返済状況に問題があると住宅ローンの審査には通りません。

住宅ローンの審査とクレジットカードのリボ払いとの関係

ではクレジットカードのリボ払いを利用している場合、それが住宅ローンの審査にどのように影響するかを説明します。

クレジットカードのリボ払いは他の借金

クレジットカードのリボ払いは住宅ローンの審査においては他の借金とみなされます。
そのためリボ払いの返済額が返済比率に加算されて計算されます。
つまりクレジットカードのリボ払いは返済比率を上昇させるのです。
そのためクレジットカードのリボ払いがあると返済比率の住宅ローン審査基準を超過してしまい、住宅ローンの審査に通らない可能性が出てきます。

支払状況が見られる

住宅ローンの審査ではクレジットカードのリボ払いは借金とみなされますから、毎月の支払をきちんと行っているかが調査されます。
クレジットカードのリボ払いの支払をきちんと行っているかどうかは個人信用情報を調査することでわかります。
クレジットカードのリボ払いの支払の遅れが1回や2回程度であればまだ良いのですが、5回や6回など何度も支払に遅れがあるとまず住宅ローンの審査には通らなくなります。

住宅ローンの審査とクレジットカードのリボ払いとの関係 まとめ

以上をまとめますと次のようになります。

まとめ


・クレジットカードのリボ払いは借金とみなされる
・そのためクレジットカードのリボ払いの返済額は返済比率の審査基準に影響してくる
・クレジットカードのリボ払いの支払状況が悪いと住宅ローンの審査には通らない


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-,