個人の借金

キャッシングの金利の計算

キャッシングの金利は一般的に二桁です。
そのためキャッシングは金利が高いというイメージがあります。
ただしキャッシングの金利の計算方法を知っておくと高い金利を節約することができます。
キャッシングの金利の計算について説明をします。

キャッシングの金利は高い

キャッシングの金利は率直言って高いです。
キャッシング会社により金利は異なりますが、おおむね18%程度のところが多いです。
住宅ローンの金利が0%台の状況もあるなかで、キャッシングの金利はとびぬけて高いと言えるでしょう。
例えばキャッシングを50万円利用しているとすると、金利が18%として1年間に支払う利息の金額は9万円となります。
キャッシングの利用金額が100万円であるとすると、1年間に支払う利息の金額は18万円となります。
ただしこの高いキャッシングの金利ですが、賢い利用で高い金利を節約することができます。

キャッシングの金利は一般的に18%程度であり高い

金利の計算方法の基本

キャッシングの高い金利を節約する方法をご案内する前に利息の計算方法について確認をしておきましょう。
なぜならキャッシングの高い金利を節約する方法は利息の計算方法にその基本があるからです。

金利の計算式

利息計算式
この図は金利の計算式を示したものです。
この計算式で覚えておいていただきたいところは実際に支払う利息は元金、つまりキャッシングの借入額と利用日数によって決まってくるということです。

キャッシングの金利はキャッシングの借入残高と利用日数によって決まる

金利は日割り

キャッシングの金利はおおむね18%であることが多いのですが、実際に支払う利息は1日単位で計算されているということです。
次の図をご覧ください。
利息額
この図は1つの例としてある月の1日から31日までにおいて、それぞれのキャッシングの利用残高に応じて1日あたりの利息額を示したものです。

利息は1日1日の合計額

利息は1日1日の合計額です。
この図のケースでは1ヶ月合計で1,573円です。
何を強調したいかというとキャッシングの高い金利は1日1日の積み重ねです。
そして金利はその日のキャッシングの利用残高に対して発生するということです。

キャッシングの金利は1日1日の積み重ね

キャッシングの高い金利を節約する方法

キャッシングの高い金利を節約するにはとにかくキャッシングの利用残高を1日であっても少なくすることです。

キャッシングは必要最低限の金額で利用する

キャッシングは必要最低限の金額で利用してください。
多めにキャッシングを利用するということはそれだけキャッシングの金利が増えるということです。

キャッシングは多めに利用せず必要最低限の金額で利用する

キャッシングの任意返済をこまめに利用する

キャッシングの返済の基本は毎月の定例返済日に返済することですが、このほかにキャッシングで利用するカードでATMでいつでも返済をすることができます。
毎月の定例返済日以外に返済をすることを任意返済と呼んでいます。
少しでも手元にお金の余裕がある時には任意返済を行ってキャッシングの利用残高を減らしましょう。
キャッシングの利用残高が減ればそれに比例して支払う金利も減ります。
任意返済をこまめに行い、必要な時にまたキャッシングを利用すれば良いのです。
キャッシングを借りっぱなしにすることがキャッシングの高い金利を影響をまともに受けることになるのです。

キャッシングの毎月の定例返済日以外に任意返済をこまめに行う

キャッシングの金利の計算のまとめ

以上、キャッシングの金利の計算をまとめますと次のようになります。

まとめ

・キャッシングの金利は一般的に18%程度であり高い
・しかしキャッシングをうまく利用することで金利は必ず節約できる
・キャッシングの金利は1日1日の積み重ね
・キャッシングの金利はキャッシングの利用残高に対して発生する
・キャッシングは必要最低限の金額で利用し、多めに利用はしない
・こまめにキャッシングの任意返済を利用することで着実に金利は節約できる

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-個人の借金
-