個人の借金

どこでお金を借りるか?

お金が必要な時、どこからか借入をしないといけなくなりますが、実際どこから借入するのが良いのでしょうか。
どこから借入するかはお金が必要な目的などいろいろな理由により決めるべきだと思いますが今回はお金がすぐ必要な場合と1ヶ月後くらいに必要な場合など時間を軸に考えてみます。

まずは一般論

お金を借りる先としては大きく①銀行 ②政府系金融機関 ③消費者金融会社(銀行以外の民間の金融業者)の3つに分けられます。
そして十分ご存知のようにお金の借りると利息がかかります。
したがってお金を借りる一般論としては金利の低いところを優先して考えることが正しいということになります。
金利は一般的に次の順番で高くなっていきます。
金利の順番
日本政策金融公庫などの政府系金融機関がもっとも金利が低く、次が銀行、最も金利が高いのが消費者金融の順番です。
したがって一般論としてはお金を借りるには政府系金融機関から検討していくことがおすすめです。

審査にかかる時間

お金を借りるには申し込みをして審査を受ける必要があります。
審査に要する時間が一般的に次の順番で長くなっていきます。
審査時間の順番
審査時間の長さはさきほどの金利が低い順番とは逆です。
消費者金融がもっとも短く、次が銀行、審査にもっとも時間がかかるのが政府系金融機関です。

すぐにお金が必要な場合

すぐにお金が必要な場合には審査時間がもっとも短い消費者金融が便利となります。
金利が低いからといって政府系金融機関や銀行に申し込みをしてもお金が必要な時期に間に合わない可能性が高いです。
これでは金利が低いとか高いとか言っている場合ではありませんね。
お金は必要な時に手元にないと意味がありませんから。
消費者金融の場合ですと最短で即日、借入することが出来ますから急いでいる時には大きな助けとなります。

1か月後にお金が必要な場合

この場合には審査に時間がかかってもまだ時間的な余裕がありますから、金利が低いところつまり政府系金融機関や銀行に借入を申し込むのが良いでしょう。
急いで金利が高い消費者金融に申し込む必要はありません。

金利よりも必要な時期を優先して選ぶ

金利は低いければ低いほど良いのですが、とにかく必要な時期にお金が用意出来ることが最優先で考えるべき事柄です。
したがって急いでお金が必要な場合には、やはり消費者金融が強い味方になります。
もっとも闇金融のような違法な金融業者の利用は絶対に避けましょう。
大手の消費者金融でも即日融資は今や当たり前のこととなっていますから、急ぎでお金が必要な場合には助かりますね。
ただしさきほどもご案内したように消費者金融は政府系金融機関や銀行に比べて金利が高いです。
そのためお金を借りる必要がある場合には、なるべく早めに動いて出来れば金利が低い政府系金融機関や銀行を考えたいところです。

-個人の借金
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.