個人の借金

リボ払いとキャッシング、どちらを返済すべきか

クレジットカードのショッピングのリボ払いと消費者金融のキャッシングを利用している状態で、10万円程度返せる場合にどちらを選べば良いのでしょうか。
このような場合には単に金利が高い、低いだけで判断しないことをおすすめします。

ある男性からの質問

クレジットカードのショッピングのリボ払いが現在200万円ほどあり、かつ消費者金融のキャッシング残高が40万円ある状態で、一度に10万円ほど返済できるとのこと。
この場合、どちらを返すのが有利になるのかという質問です。
ちなみにクレジットカードのショッピングのリボ払いの金利は15%、消費者金融のキャッシングの金利は14.5%です。

金利だけを考えればリボ払い

金利だけを考えれば金利が高いクレジットカードのリボ払いを返済すべきでしょう。
金利は利用している残高に対して発生しますから、金利が高いクレジットカードのリボ払いの方を返済した方が良いということです。

金利以外の事情も考えましょう

しかし単純に金利が高い、低いだけで判断するのは危険です。

10万円返済後の資金繰りは大丈夫ですか?

今回一度に10万円の返済ができる状況ですが、それは例えば収入が増えたなどの理由により今後も安定的にお金に余裕がある状態が続くのでしょうか?
今後も安定的にお金に余裕がある状態が続くのであれば金利が高いクレジットカードのリボ払いを返済するのが正しいです。
しかしそうではなく、今回たまたま10万円のお金の余裕ができただけであり、来月以降はまた苦しい状態に戻るというのであれば金利優先の考え方はやめましょう。

リボ払いとキャッシングの違いを理解

リボ払いは単純に支払いを続けていくだけです。
もちろんクレジットカードのショッピングで再びリボ払いを利用することはできるでしょう。
しかし手元のお金が苦しくなってもクレジットカードのショッピングでお金を借りることはできません。
これに対して消費者金融のキャッシングの場合ですが、キャッシングには利用限度額が設けられておりその限度額までは繰り返し利用できるという特徴があります。
いざという時には消費者金融のキャッシングを利用してお金を手にすることができます。
したがって今回10万円を消費者金融のキャッシングの返済に充てた場合には、今後もしお金が必要となった時には再びキャッシングを利用してお金の用意ができるということです。

今後の資金繰り事情を最優先に考える

確かに金利が高い方が一見、合理的のように見えます。
しかし今回の10万円の返済がたまたまお金に余裕ができたからであり、今後は再び苦しい資金繰りが予想されるのであれば金利は相対的に低いのですが消費者金融のキャッシングを返済することをおすすめします。
もし金利が高いクレジットカードのリボ払いを返済してしまい、その後お金が必要となった時、今ある消費者金融のキャッシングの利用限度額まで余裕があればそのキャッシングを利用すれば良いでしょう。
しかし利用限度額まで余裕がない場合には、別の借金を作らざるを得ない羽目になってしまいかねません。
借金の返済負担は借金の件数が増えれば増えるほど苦しくなります。
今回の10万円の返済を消費者金融のキャッシングに充てていれば、今後もしお金が必要な事態になった時にはその消費者金融のキャッシングを利用すればよく、新たな借金を作る必要はなくなります。
今後のお金の資金繰りを十分に考えてリボ払いかキャッシングか、どちらを返済すべきかを考えるようにしましょう。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, , ,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5