銀行の本音 中小企業社長との面談日誌

「どうして他の銀行に比べてこんなに金利が高いの?」

融資の相談があった会社に金利を含めた融資条件の提示を行ったところ「他の銀行に比べてずいぶんと金利が高いね。もっと金利を下げてよ」との反応を受けました。
会社の社長とのやり取りと提示した金利についての銀行の考え方をご案内します。

銀行にとっての金利の意味合い

金利については他の記事でのご案内をしていますが、銀行にとって金利は2つの意味合いがあります。

貸倒リスクに対する対価

銀行は常に融資の貸倒リスクを抱えています。
この点からは非常にざっくりとした説明となりますが、貸倒リスクが高い、つまり業績が順調ではなく返済に懸念が持たれるような融資には高い金利をつけないと割が合いません。
逆に貸倒リスクが低い、つまり業績が堅調で返済に不安が少ないと思われる融資には低い金利でも割が合うことになります。

収益源

銀行にとって金利は大きな収益源の1つです。
物を販売することで考えてみると50円で仕入して100円で売れば利益は50円になります。
金利はこの100円、つまり物の販売価格に相当します。
そして仕入価格は預金金利と考えてください。
融資金利と預金金利の差、つまり利ザヤが銀行の金利収入なのです。
したがって当たり前のことですが、金利が高いと利ザヤが大きくなり、金利が低いと利ザヤが小さくなります。

この会社社長とのやり取り

金利に関するこの会社社長とのやり取りをご披露します。
ちなみにこの会社の業績はまずまずであり決して返済への不安は小さいと考えています。
社長:「お宅の金利は高いよ。うちのメイン銀行より2倍くらい高いよ。そのくらいの金利にならないの?」
銀行:「メイン銀行さんと当行ではお取引の内容が違います
社長:「どういうこと?」
銀行:「メイン銀行さんには振込など融資以外のいろいろな取引をされています。これに対してうちの銀行は融資以外の何の取引も残念ながらいただいておりません。メイン銀行さんはその融資以外の取引があるために低い融資金利でも採算が合うかもしれませんが、うちの銀行にとっては融資金利だけが採算面で考えられるだけです。ですからメイン銀行さんと一緒に考えられても正直困惑してしまいます」
社長:「確かに振込は全部メイン銀行でやっているけれど」
銀行:「メイン銀行さん並みの金利でうちの銀行は採算が厳しいのです。採算が厳しければ『何のために融資をしているのか?』などと上司などから言われてしまいます。決してこの金利でぼろ儲けをするつもりはありません。御社とは今後とも安定した取引をさせていただきたいと考えています。そのために御社との取引の採算が少なくとも取れる状態でないと出来るものも出来なくなってしまうのです」
社長:「採算ね~」
銀行:「銀行も所詮は御社と同じ株式会社です。収益を獲得しなければなりません。何とかご理解をいただけないですか?」
社長:「お宅の言いたいことはわかりました。ただ他の銀行より2倍も高い金利は・・・。もう少し下げることは出来ないの?」
銀行:「そこは持ち帰って相談をします。わずかになってしまうかもしれませんが今回提示させていただいた金利よりも低くできないか相談をします」
社長:「よろしくお願いします」

取引採算重視の銀行姿勢

銀行は取引先に融資を行うことによりその取引先の資金繰りを支援して事業の成長を期待しています。
また同時に融資などの取引により銀行自身が利益を獲得できることを目的としています。
それにも関わらず採算が赤字、あるいは採算が黒字ではあるものの低採算である取引先とは銀行は取引を拡大したいとは考えていません。
採算が改善できなければその取引先の関係を見直す動きすら銀行は行います。
もっともこれは銀行に限らずどこの会社も同じだと思います。
金利が低くても融資のボリュームをどんどん拡大したいとは銀行はもはや考えていません。
きちんと適正な取引採算を構築することが銀行ももっとも重視しています。
低金利ばかり要請してくる取引先とは取引がなくなってもかまわないとすら銀行は考えるようになっています。
(この記事は2021年2月17日に作成しました)

関連コンテンツ

カテゴリー

タグ一覧

記事検索

お問い合わせ

即日融資で人気の商品

【第1位】ビジネスローン

ビジネスローンの世界では最古参の実績があります。
歴史が長く多くの事業会社が利用しており高い信頼性があります。

審査から最短即日で融資可能となっています。

【第2位】プロミス

三井住友銀行100%子会社のキャッシングサービスです。
最短1時間での融資が可能です。
顧客満足度が最も高い金融商品です。

【第3位】資金調達プロ

こちらは融資ではなく売掛金を活用した資金調達商品(ファクタリング)です。
そのため銀行等から融資が受けられない場合でも対応可能です。
10秒で資金調達がいくら可能かがわかるのが人気の理由です。

おすすめ記事

1

個人の方でお金がすぐに必要だという時にキャッシングの即日融資はとても強い味方になってくれます。 しかし本当に即日に融資が受けられるのかどうか疑問に感じられている方も少なくないと思います。 ここでは管理 ...

2

月末の支払資金が不足している、予定していた入金が遅れることになり資金繰りが危ない・・・。 いろいろな理由で急に資金手当てをしなければならないことになり融資が必要となることもあります。 最も大切なことは ...

3

初めてキャッシングを利用されている方にこれだけは押さえておいてほしいというポイントを1つだけ説明します。 とても大切なことです。 キャッシングの特徴 大切なポイントをご案内する前にまずはキャッシングに ...

4

資金繰りのためにどうしても銀行から融資を受けたいが、赤字など業績が悪いなどの理由で融資が受けらない状況に落ちってしまった場合、そのままでは破綻してしまいます。 精神的にも追い詰められた状況だと思います ...

5

よく「運転資金が足らない」という言葉を耳しませんか? 事業を営んでいる上で運転資金は基本的に常に必要で資金繰りにも大きな影響を及ぼすものです。 ここでは運転資金とはいったいどういうものなのかを整理して ...

6

カードローン・キャッシングは必要な時にすぐに借入が出来るとか利用可能額までは繰り返し借入が出来るなど便利ですから急な出費の備えとして準備しておきたいところです。 しかし金利が高いというのが気になって悩 ...

7

赤字決算の場合、資金繰りが苦しくなり融資を受けたいところですが銀行は融資に慎重姿勢になります。 一方で赤字決算でも融資を新規に受けている会社(個人事業主)はたくさんあります。 赤字決算の場合の銀行への ...

-銀行の本音, 中小企業社長との面談日誌
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5