銀行員ギンオジの独り言 銀行の本音

銀行からしつこい勧誘を受けている

銀行と取引をしていると銀行からいろいろな勧誘を受けると思います。
しつこいほど銀行が勧誘をしてくる場合もあるはずです。
その勧誘を断った場合に融資取引に影響するかどうかが今回のテーマです。

銀行からのしつこい勧誘に関する質問

中小企業です。
メインバンクの銀行からある融資商品のしつこい勧誘を受けて困っています。
何か社会貢献に寄与する融資ということで50万円ほどの手数料の支払があります。
そのような手数料は払いたくないですし、そもそも今融資を受ける必要などありません。
銀行からは断ったからといって何もないが、当社の社会的なステイタスが上がるのでぜひ利用するべきだとしつこい勧誘を受けています。
担当者だけではなく、担当者の上司が来たり、つい先日は支店長までやってきてしつこい勧誘を受けました。
昔からお世話になっている銀行ですから協力できることはしたいと考えています。
しかし無駄なことはしたくはありませんし、そのような余裕もありません。
ただ今後のこの銀行とのつきあいを考えると今回の融資は交際費というかつきあい料と割り切って応諾したほうが良いのでしょうか。

銀行がしつこい勧誘をしてくる背景

銀行がしつこい勧誘をしてくる理由には背景があります。
その背景とはずばりノルマです。
支店などの銀行の現場には本部から厳しい予算、つまりノルマが年間予算で課せられています。
担当者をはじめ、支店の銀行員はそのノルマの達成のために日々営業活動をしています。
頼めるところに頼まないととても年間のノルマが達成できない水準であるため、ついついしつこい勧誘をしてくるのです。
今回は融資商品のしつこい勧誘ですが、これは融資のボリュームを稼ぐというよりも50万円の手数料収益が狙いでしょう。

しつこい勧誘を断っても影響はない

結論から申し上げますと銀行からのしつこい勧誘を仮に断ったとしても、今後のその銀行との取引には影響はしません。
そもそも銀行は取引先が望まない商品についてしつこい勧誘をしてはいけないのですが・・・。

銀行員は転勤をする

しつこい勧誘を断ってもその銀行との取引に影響しない最たる理由は銀行員は短期間に転勤するということです。
支店長は2年毎に交代します。
勧誘を断られたことなど後任の人に引き継ぎなどしていません。
しつこい勧誘を断られてもそれをずっと記憶している銀行員はいませんし、後任の銀行員には何ら関係のないことです。

将来の融資が保証されるわけでもない

仮に今後の銀行との取引を考えてしつこい勧誘に応じたとしても、今後融資を申込んでもその融資が受けられる保証は一切ありません。
将来の融資はあくまでもその時点の審査によります。
過去にしつこい勧誘を受けてくれたといったことは融資の審査には何ら関係がありません。
しつこい勧誘を今後のつきあいを考えて応諾したとしても、将来の取引には何らプラスにもマイナスにもならないというのが結論です。

銀行からのしつこい勧誘の賢い断り方

銀行からしつこい勧誘を受けた場合に賢い断り方を案内をします。
それはその商品は不要であるが、別のことであれば検討すると伝えることです。
その別のことというのは例えば、今後の設備投資では一部リースの利用を考えているので、その際は銀行系のリース会社を紹介してほしいとか、社員の研修制度を充実させたいので、何か銀行のグループ会社で研修制度を取り扱っているところがあれば紹介をしてほしいといったものです。
必要な分野で銀行や銀行グループ会社の利用を検討すると伝えることです。
このようなことを伝えれば、銀行から無用なしつこい勧誘は止まり、必要な分野の提案に切り替わることでしょう。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-銀行員ギンオジの独り言, 銀行の本音