銀行の本音

融資可否がわかる銀行の担当者の対応の見分け方

銀行に事業資金の融資の相談をする際には必ず融資の担当者が対応をします。
その担当者の対応の雰囲気で融資が可能かどうかがわかるという人もいます。
融資が可能かどうか銀行の担当者の見分け方を説明します。

銀行の担当者の対応に関する質問

この度、初めて銀行に行って融資の相談をする予定です。
不安なので知人の社長に聞いてみました。
その知人も会社を経営していて、何度か銀行に融資の相談に行ったとのことでした。
その知人が言うのは融資の相談に行ったときの銀行の担当者の対応で融資が行けるかどうかがおおよそわかると言っていました。
銀行の担当者の対応で融資が可能かどうかが分かるものなのでしょうか。

融資相談は必ず融資担当者が対応をする

銀行に融資相談に行くと必ず融資の担当者が対応をします。
よく目にする窓口の預金係の担当者は融資の相談には対応をしません。
銀行の取扱業務は幅広いものがありますから、それぞれの業務に専門的に対応する担当者が必ず存在します。
融資の相談に行って預金係など融資以外の担当者が話を聞くことはなく、必ず融資専門の担当者が相談を受けます。

融資担当者の対応で融資可否を見抜く方法

融資担当者にはもちろん融資を最終的に決定する権限はありませんが、相応の知識は持っていますから今回の融資案件が行けるかどうかの初動反応は瞬時に行えます。
そのためその時の融資担当者の反応を見ることにより融資が行けるかどうかがある程度わかるというのは事実です。
融資が可能かどうか、融資担当者の反応から見抜く方法でよくわかる3つの例を紹介します。

担当者の対応で融資が可能かどうかはわかる

融資担当者の対応の見分け方 決算書を預かるかどうか

銀行の融資相談時には業績の確認資料として決算書や確定申告書が必ず必要です。
そして融資相談時には決算書を銀行の担当者に提出をします。
銀行の担当者はその決算書をパラパラと必ず見ます。
そしてその決算書の取扱に関する対応で融資可否が見抜けます。

決算書でわかる担当者の対応の見分け方

・決算書のコピーを取る(コピーならそのまま預かる) → 融資の可能性がある
・決算書を預かろうとしない → 融資の可能性はない

その決算書が原本であれば「コピーと取ってもよろしいでしょうか」とか持参した決算書がコピーであれば「お預かりしてよろしいでしょうか」と担当者が対応すれば融資の可能性があると考えてください。
決算書を預かるという担当者の対応はその決算書を基に融資の審査を前へ進めるという意思表示の表われです。
逆に持参した決算書を見るだけで預かろうとしない担当者の対応は融資の審査をするつもりがないということです。
つまり融資は無理だということです。

融資担当者の対応の見分け方 他の銀行のことを聞いてくる

すでに他の銀行と融資取引がある場合ですが、その銀行には融資の相談をしたのかどうかを担当者が聞いてくることがあります。

他の銀行に融資の相談をしたかどうかを担当者が聞いてくる → 融資の可能性はない


そしてその他の銀行に融資の相談をしていないことを話した後に、銀行の担当者が「まずはその銀行に相談されてはどうか」という対応であれば融資の可能性がありません。
この対応は「うちでは融資は無理なのですでに取引のある銀行に相談をしてください」という意思表示です。

融資担当者の対応の見分け方 決算書以外の資料の提出を求めてくる

融資の審査には決算書はもちろん必須の資料ですが、他の資料も必要になってきます。
運転資金であれば資金繰り表や足元の試算表などです。
設備資金であれば見積書や収益返済計画表などです。
これらの決算書以外の資料の提出を銀行の担当者が求めてくる対応であれば、融資の可能性があるということです。

担当者が決算書以外の資料の提出を求めてくる対応 → 融資の可能性があるということ

融資可否がわかる銀行の担当者の対応の見分け方のまとめ

以上、融資可否がわかる銀行の担当者の対応の見分け方をまとめますと次のようになります。

まとめ

・決算書を預かるという対応は融資の可能性があるということ
・決算書を預からないという対応は融資の可能性がないということ
・他の銀行に融資相談をしたかという担当者の質問対応は融資の可能性がないということ
・決算書以外の資料の提出を求める担当者の対応は融資の可能性があるということ

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行の本音
-