当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行の本音 個人の借金

クレジットカードの残高不足で住宅ローンは通る?

多くの人が利用しているクレジットカードですが、引落をうっかり忘れて残高不足になったことはないでしょうか?
クレジットカードの支払で残高不足になったことがあると住宅ローンの審査に不安がよぎると思います。
今回はクレジットカードのうっかりの残高不足でも住宅ローンは通るのかどうかについて融資担当の銀行員が説明をします。

住宅ローンの審査は一番厳しい

住宅ローンやカードローン、教育ローン、車のローンなど個人向けのローン商品はさまざまなものがあります。
これらの個人ローンを利用するには審査に通る必要がありますが、個人ローンの中でもっとも審査の基準が厳しいのが住宅ローンです。

住宅ローンは個人ローンの中でもっとも審査が厳しい

住宅ローンは超長期のローン

なぜ住宅ローンの審査がもっとも厳しいのかと言いますと、それは住宅ローンが超長期のローンであるからです。
人によって住宅ローンを借入する期間が異なりますが、1年や2年の住宅ローンを利用する人はいません。
20年、30年など長い期間の住宅ローンを利用する人が圧倒的に多いです。
仮に30年の住宅ローンを利用するとします。
この場合、当たり前のことですが30年間もの長い間、住宅ローンの返済を続ける必要があります。
住宅ローンを貸す銀行としてはこれだけの長い間、きちんと返済ができる人かどうかを見極める必要があります。
現実には20年後、30年後もきちんと返済ができるかどうかを見極めることはできません。
そのため入り口、つまり住宅ローンの申し込み時点で厳しく審査をするようになるのです。

住宅ローンの審査はマイナス主義

そこで住宅ローンの審査ですが、一言で言えば住宅ローンの審査は申し込みをした人のあら捜しだと考えてください。
収入は安定しているか、他に借金はないか、今までの他のローンなどの支払状況に問題はないかどうか、申込をした人のあら捜しをします。
そして少しでも気になることがあれば減点を行い、最終的に審査基準以上であれば住宅ローンが通ります。

クレジットカードの支払状況は住宅ローンの審査に大きく影響する

クレジットカードの支払状況は住宅ローンの審査に大きく影響を与えます。
住宅ローンの審査ではクレジットカードの支払いは毎回遅れずに支払日にきちんと支払っていることが大前提です。
クレジットカードの支払が遅れることは住宅ローンの審査では必ずマイナスとなります。

住宅ローンの審査ではクレジットカードの支払を遅れずに毎回行っていることは当たり前のこと

ついうっかり1回だけ残高不足となった

クレジットカードの毎回の支払状況は個人信用情報を調査することでわかります。
個人信用情報ではクレジットカードの支払状況について過去2年分が登録されています。
毎月クレジットカードを利用しているとすると過去24回分のクレジットカードの支払状況が個人信用情報に登録されています。
ではついうっかりしてクレジットカードが引落となる銀行口座に入金しておくことを忘れたことが1回あったとします。
ついうっかり1回、クレジットカードの支払が残高不足になったら、住宅ローンは通らないのでしょうか?

残高不足が1回だけであればセーフ

結論から言いますとついうっかりクレジットカードの支払が残高不足になったことが1回だけであれば、住宅ローンの審査は大丈夫です。
もちろんついうっかりクレジットカードの支払が残高不足になったとしても、翌日には入金をしてクレジットカードの支払を行っていることが前提です。
残高不足が1回だけであれば「預金口座に入金するのを忘れたのだな」と考えることができます。
残高不足が1回だけで残りはきちんとクレジットカードの支払日に支払っていれば、住宅ローンの審査には影響しないと考えてください。
ついうっかり入金するのを忘れたということは誰にでもあることですから。

ついうっかりの残高不足が1回だけであれば住宅ローンの審査はセーフ

残高不足で3回、4回となればアウト

しかしクレジットカードの支払の遅れが1回だけではなく、3回、4回となると住宅ローンの審査には通らないと考えてください。
3回、4回となるともう「ついうっかり」とは言えません。
クレジットカードの支払の残高不足の回数が3回、4回となるとついうっかりではなく、「この人はお金がない」「この人はお金の管理がずさん」と銀行は考えます。
実際にはそうではなかったとしても客観的に見ると「この人はお金がない」「この人はお金の管理がずさん」と思われてしまっても仕方がありません。
住宅ローンは超長期にわたって返済を行っていかなければなりません。
「この人はお金がない」「この人はお金の管理がずさん」では住宅ローンの審査には通りません。

クレジットカードの支払の残高不足の回数が3回、4回となれば住宅ローンは通らない

銀行の本音

住宅ローンの審査において銀行がもっとも気にすることは返済能力です。
収入状況や他のローンやクレジットカードの支払状況による返済能力の有無を見極めます。
クレジットカードの支払の残高不足の回数が1回のみであれば、返済能力がないとは銀行は考えません。
そのためクレジットカードの支払の残高不足の回数が1回だけであれば、それだけで住宅ローンが通らないことはありません。
ところがクレジットカードの支払の残高不足の回数が3回、4回となれば、返済能力に懸念があると考えて住宅ローンが通ることはありません。
他の個人ローンが通っても住宅ローンは通りません。

クレジットカードの残高不足で住宅ローンは通る?のまとめ

以上、クレジットカードの支払の残高不足が住宅ローンの審査にどの程度影響するかどうかについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・クレジットカードの支払状況は住宅ローンの審査ではかなり重視している
・クレジットカードの支払の残高不足が1回だけであれば、ついうっかりと考えて住宅ローンの審査は通る
・クレジットカードの支払の残高不足が3回、4回となれば、もう住宅ローンの審査には通らない

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行の本音, 個人の借金
-,