個人の借金

リボ払いが払っても払っても減らないんです

お金の収支改善には強い味方だが・・・

クレジットカードのリボ払いは管理者はあまりネガティブな見方はしていません。
むしろ返済負担を減らしてお金の収支を改善する強い味方だと思っています。
リボ払いというのはすでにご存じの方も多いと思いますが、簡単にリボ払いについて整理をしておきます。

リボ払いは一言でいえば分割払い

リボ払いのリボは正式にはリボルティング(revolving)ですが、クレジットカードの利用残高に応じて毎月一定額を支払っていくものです。
例えば5万円の買い物をクレジットカードで支払ったとします。
クレジットカードの一般的な支払方法は一括払いですから、翌月の支払日に5万円を支払う必要があります。
ところがリボ払いを利用すると毎月一定額(例えば1万円)の支払で済むために、お金の収支にはプラスに働きます。
手持ちのお金が心もとない場合にはリボ払いを利用することでピンチを避けることが出来るのです。
お金の収支が取れていない、つまりお金が足りないと新たな借金を作ってしまい、結果的にはその新たな借金の返済も加わり、ますますお金の収支が悪化していきます。
リボ払いは新たな借金を作ることなくお金の収支を改善する良い方法だと管理者は率直に思っています。
むやみやたらにクレジットカードを使わず、安易にリボ払いを増やさないようにしていけばリボ払いは強い味方なのです。
決してリボ払いは悪者ではありません。

リボ払いの欠点は高い金利

しかしリボ払いにも欠点があります。
それは高い金利です。
クレジットカード会社によって異なりますが、リボ払いの金利はおおむね15%程度ではないでしょうか。
この高い金利がリボ払いの欠点であり、「払っても払っても減らない」と感じる原因です。
例としてリボ払いの残高が30万円であり金利が15%として、毎月定額の2万円を返済しているとします。
毎月の返済額は2万円の内訳は次のとおりです。
返済内訳
毎月の2万円の返済は元金返済と利息の合計額で構成されています。
そして利息は次の計算式によって算出されています。
利息計算式
利息は元金、つまりリボ払い残高に金利を乗じて計算されています。
返済内訳
毎月の返済額2万円は元金返済額16,178円と利息支払額3,822円の内訳となっています。
つまり2万円を返済してもリボ払い残高の返済に回るのは2万円全額ではなく16,178円だということです。
リボ払いの利用残高が増えれば増えるほど支払わないといけない利息額も増加していきますから、ますますリボ払い残高の返済に回る金額が少なくなっていきます。
「払っても払っても減らない」と感じるのはこのためなのです。

ATMを使って任意返済をしましょう

支払う利息額を少なくするにはリボ払いの利用残高を減らすことです。
多くのクレジットカードは毎月の決まった日の返済に他に、任意にて返済が出来ます。
それもATMを使って簡単に返済をすることが出来ます。
銀行のキャッシュカードを使って口座に現金を入れるのとまったく同じです。
ぜひ手元に少しでも余裕が出来たときには小まめにこの任意返済をしましょう。
無駄遣いの防止にも役立つと思います。
リボ払いの残高が減れば支払う利息額も必ず少なくなります。
少しの差かもしれませんが、積もり積もれば決して軽く考えられない金額になります。
リボ払いに賢く付き合いましょう。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,