個人の借金

キャッシング金利(利息)の節約の仕方

クレジットカードに付帯サービスとしてついているキャッシング。
いざという時にお金を引き出すことができる強い味方ですが、ネックは金利(利息)が高いこと。
クレジットカードのキャッシングは大体18%というのが相場です。
ここではキャッシングの高い金利で発生する利息を節約する方法をご案内します。

クレジットカードのキャッシングのメリット

クレジットカードのキャッシングはクレジットカードに付帯サービスとして付いている機能で、簡単に言えばクレジットカードにて一時的にお金を借りることができるということです。
誰もが手元にお金がなくて困った経験はあるのではないでしょうか。
そのような時にクレジットカードのキャッシングを利用すればお金を手にすることができますから、いざという時に強み味方になってくれます。

デメリットは高い金利(利息)

このようにいざという時に強い味方になってくれるクレジットカードのキャッシングですが、いいことばかりではありません。
デメリットがもちろんあるわけですが、その最大のデメリットは高い金利(利息)です。
クレジットカード会社によって多少は異なりますが、多くのケースではクレジットカードのキャッシングの金利は18%です。
消費者金融並みというか消費者金融と同水準の金利です。

キャッシング利息の節約方法

メリットもあるクレジットカードのキャッシングですが、高い金利はなるべく節約したいところです。
どのようにしたら節約ができるのかを案内します。

利息の仕組みを理解する

さて高い金利で生じる利息を節約する方法ですが、それには利息が発生する計算式を頭に入れれば簡単です。
利息計算式
上の図は利息の計算式ですがたったこれだけです。
銀行もクレジットカード会社もすべてこの計算式によって利息を計算しています。
単純にキャッシングの利用残高に金利をかけると利息を計算することができるのです。
金利は変わりませんから要するにキャッシングの利用残高によって利息が異なってくるということです。
当たり前のことですがキャッシングの利用残高が多ければ利息は多くなり、逆にキャッシングの利用残高が少なければ利息も少なくなります。

利息は毎日計算されている

そしてその利息は実は毎日計算されています。
そして1か月分の合計で毎月の返済日に私たちは利息を支払っているのです。
次の図は1か月の利息額の計算例です。
利息額
毎日の最終キャッシング残高に基づいて1日分の利息を毎日計算しているのです。
したがって図をご覧いただくとわかりますが、キャッシングの利用残高の違いによって利息額も違うことが理解できると思います。

任意返済を行う

ここまで見ていただくとすでにおわかりいただけていると思いますが、キャッシングの利息を節約するには日々のキャッシング利用残高を少なくすればよいのです。
そのためには手元に少しでもお金の余裕があるときには任意返済(随時返済)をおこなってください。
面倒だと思われるかもしれませんがATMにて簡単に任意返済(随時返済)を行うことができます。
この任意返済の積み重ねによって利息を確実に節約することができます。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, ,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5