当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

個人の借金

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンはいずれもカード1枚でATMからお金を引き出せる、つまり借金ができるという点で同じ特徴があります。
しかしクレジットカードのキャッシングとカードローンでは違いもあります。
クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて融資担当の銀行員が説明をします。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い-利用限度額の違い

まず利用できる金額が違います。

クレジットカードのキャッシングは小さい

まずクレジットカードのキャッシングはあくまでもクレジットカードに付帯しているサービス、つまりおまけについている機能です。
したがってクレジットカードの利用限度額の範囲内でキャッシングの利用限度額は10万円とか20万円など比較的小さい利用限度額で設定されています。
クレジットカードの本来の役目はキャッシュレスで買い物代金やネット通販代金の支払いをするためのものです。
キャッシングという借金ができる機能はクレジットカードの本来の役目ではありません。
そのためカードローンに比べるとキャッシングで利用できる金額は抑制された水準となっています。

クレジットカードのキャッシング利用額はカードローンに比べると小さい

カードローンは大きい

これに対してカードローンはローン専用のサービスです。
そのためカードローンの利用限度額は50万円とか100万円、なかには500万円以上の高額な利用限度額が設定されています。
カードローンは借金専用の商品であり、付帯サービスであるクレジットカードのキャッシングに比べると金額が大型です。

カードローンの利用限度額はクレジットカードのキャッシングよりも大きいのが一般的

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い-金利の違い

クレジットカードのキャッシングもカードローンもどちらも借金ですからそれぞれ金利が発生します。
しかし一般的に金利は異なります。

クレジットカードのキャッシングの金利

クレジットカードのキャッシングはクレジットカード会社によって多少の違いはあるかもしれませんが、ずばり18%と考えてください。
例えば10万円のキャッシングを1年間ずっと使っているとすると年の金利額は18,000円です。
18%という金利は消費者金融の金利と同水準です。

キャッシングの金利は消費者金融の金利と同じ水準

カードローンの金利

カードローンの金利はカードローン会社や利用限度額によって異なりますが、7%~15%くらいの範囲のものが多いのではないでしょうか。
カードローンの中には3%台といったものもあります。
いずれにしてもカードローンの金利はクレジットカードのキャッシングの金利に比べて低く設定されているのが一般的です。

金利は一般的にカードローンの方がキャッシングよりも低い

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い-返済方法の違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンでは返済方法も異なるところがあります。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法は原則として一括払いです。
クレジットカードの締日の関係もありますが、キャッシングを利用した翌月もしくは翌々月の一括払いが原則的な返済方法です。
なお後で一括払いをリボ払いに変更することも可能です。

キャッシングの返済方法は原則として翌月の一括払い

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法はリボ払いです。
カードローンの利用残高に応じて決められている金額にて返済を行います。
したがって一括払いが原則のクレジットカードのキャッシングに比較して返済がゆっくりと行うことができます。

カードローンの返済方法はリボ払い(分割払い)

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い-審査難易度の違い

クレジットカードのキャッシングはさきほど案内しましたようにクレジットカードの付帯機能としてつまりおまけとしてついているサービスです。
キャッシング枠を設けるには一定の審査がありますが、クレジットカードの付帯機能としてのキャッシングですからそれほど審査の難易度は高くはありません。
クレジットカードを持っていれば利用限度額の違いはあるものの、ほぼキャッシングは利用できます。
これに対してカードローンはローン専用ですからしっかりとした審査があります。

クレジットカードのキャッシングと比較してカードローンは審査難易度が高い

キャッシングとカードローンの利用の区分け

このようにクレジットカードのキャッシングとカードローンでは利用限度額・金利・返済方法・審査難易度において違いがあります。
クレジットカードのキャッシングは一時的で急な比較的少額な出費との時に利用するのが良いと思います。
これに対してカードローンは利用限度額も大きく設定されていますから、まとまった目的、例えば結婚費用とか教育資金などの利用するのが良いでしょう。
大切なことはクレジットカードのキャッシングとカードローンもいずれも後日に返済がありますから、返済することを頭に入れて利用するように心がけましょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いのまとめ

以上、クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・カードローンの方がキャッシングより利用可能額が大きい
・金利はカードローンの方がキャッシングより低い
・キャッシングの方がカードローンより審査難易度は低い

当サイトが確認済の事業資金融資です(PR)



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

3.保証人不要の事業資金
ネットで完結する事業資金融資です。

-個人の借金
-, , ,