個人の借金

在籍確認を行う理由と具体的なやり取り

住宅ローンやカードローンなど個人ローンを申込したり、クレジットカード、消費者金融への申込を行うと原則として必ず在籍確認が行われます。
金融機関やローン会社などが勤務先に電話をして在籍を確認するわけですがなぜこの在籍確認を行うのかを説明します。

審査のもっとも重要なポイント

ローンやクレジットカード、消費者金融の新規申込を行う際には収入状況や他社からの借入状況などいくつかの項目を申込書に記入(入力)を行うと思います。
その情報の1つ1つが審査において重要な項目なのですが、その中でももっとも重要なポイントが収入状況です。
ローンやクレジットカード、消費者金融の審査においてもっとも大切なことはきちんと返済ができるかどうかです。
きちんと返済できるかどうかはまずはきちんとした収入があるかどうかです。

在籍確認を行う理由

サラリーマンやアルバイトなどの給与所得者であれば収入は会社などで勤務をしていなければ得ることができません。
在籍確認は申し込みをした人が申し込み通りにきちんと勤務をしているかどうかを確認するためです。
在籍確認が取れて収入の安定性の確認が取れることになります。
仮に在籍確認を行って在籍していることが確認できない場合にはその時点で審査は終了し否決となります。

在籍確認の具体的な方法

すでにご存じの方も多いと思いますが、在籍確認を行うにあたっては勤務先にローン会社などが電話をすることで行われています。
その際にはローン会社の担当者は個人名で在籍確認の電話を行います。
「〇〇金融の鈴木ですが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」といったようにローン会社の会社名を名乗ることはありません。
ローン会社の会社名を名乗ってしまうと〇〇さんが借金などをしようとしていると会社の人にわかってしまう可能性があり、そこは配慮をしなければなりません。
したがって在籍確認の連絡をする際には会社名は名乗らずに個人名にて行われることが一般的ですので、ここは安心してかまいません。
会社の人の借金をしようとしていることがわかってしまうことはありません。

在籍確認の連絡が来た時の対応

在籍確認の連絡が来た時のやり取りの一例をご参考までに案内します。
会社の人:「〇〇さん、鈴木さんという人からお電話です」
〇〇さん:「はい、〇〇ですが」
ローン会社:「〇〇さんですか。こちらはローン会社の鈴木です。先日はお申し込みをいただきありがとうございました。本日は確認のために連絡をさせていただきました。これで確認が取れましたので審査手続きを進めます。本日はお忙しいところありがとうございました」
このような感じで在籍確認が行われます。
決して難しい対応は必要ありません。
ローン会社の目的はあくまでもその人が申込どおりにきちんと勤務をしているかどうかの確認が取れればそれで目的は達成するのです。
なお本人が外出などで不在の場合には例えば会社の人が「申し訳ございません。〇〇はあいにく外出しておりまして戻りが15時頃の予定です」などとの情報が得られればその人がその会社に勤務をしていることが確認できますから、本人が不在の場合でも在籍確認は完了します。

関連コンテンツ

-個人の借金
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5