個人の借金

住宅ローンの審査と妻の借金との関係

自宅の購入にあたり住宅ローンの利用を検討しているが「妻である私に借金があり夫の住宅ローンが通らないのでは?」との不安の声がよく寄せられます。
妻に借金がある場合、夫の住宅ローン審査に影響があるのかどうかを整理します。

住宅ローンを夫単独で申し込む場合

住宅ローンを夫一人が借入する場合には、審査の対象は夫のみです。
妻を含めた家族は住宅ローンの審査の対象外です。
したがって妻に借金があっても住宅ローンの審査にはまったく影響はしません。

夫婦にて住宅ローンを申し込む場合

夫婦にて住宅ローンを申し込む場合、つまり夫婦が連帯債務者として住宅ローンを申し込む場合には夫と妻が住宅ローン審査の対象となります。
したがって妻に借金がある場合には住宅ローンの審査に影響します。
もっとも妻に借金があるからといって住宅ローンの審査が通らないということではありません。
妻に借金があっても住宅ローン審査が申込通りに通ることもあります。
逆に妻の借金が原因で住宅ローンの金額が減額されたり、妻の借金の程度や借りている先によっては住宅ローン審査が通らないことももちろんあります。

夫婦の収入合算で住宅ローンを申し込む場合

収入合算とは例えば住宅ローンを申し込むのは夫だけであるが、収入を夫の分だけではなく妻の収入を含めて住宅ローンの審査を行う場合です。
夫だけの収入では住宅ローンの希望金額までは届かないために妻の収入も合算して住宅ローンの審査を受ける場合の事です。
この場合、妻の収入を合算するわけですから妻に借金があればそれも勘案しないとつり合いが取れません。
したがって夫婦の収入合算で住宅ローンを申し込む場合には妻も審査の対象となりますから、妻に借金があれば審査に影響します。

妻が連帯保証人になる場合

住宅ローンの審査の過程において妻を連帯保証人に求められるケースがあります。
この場合には妻も住宅ローンの審査の対象になりますから妻に借金があれば審査に影響します。

まとめ

このように妻に借金がある場合でも住宅ローンを申し込むが夫だけの場合には住宅ローンの審査には影響はありません。
あくまでも夫だけが住宅ローンの審査の対象です。
妻を含めた家族の信用状態や借金の有無を住宅ローンの審査で調べるようなことはありません。
一方で、①妻が連帯債務者になる②夫婦の収入合算で住宅ローンを申し込む③妻が連帯保証人になる の3つの場合には妻も住宅ローンの審査の対象になりますから、妻に借金があれば住宅ローンの審査に影響を与えることとなります。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5