個人の借金

住宅ローンの審査とカーローンの関係

住宅ローンを申し込みを考える場合に、現在借入している他のローンが気になる場合があると思います。
他のローンで利用者が多いカーローンのケースにて住宅ローンの審査への影響について説明をします。

住宅ローンの審査項目一覧

住宅ローンの審査項目一覧
これは銀行で行われている住宅ローンの審査項目を示したものです。
この中でカーローンが影響してくるのは9の返済比率と10の他社借入状況です。

カーローンと返済比率との関係

住宅ローンの申込時にカーローンを利用していると住宅ローンの審査項目である返済比率に影響をしてきます。

返済比率とは

返済比率とは収入に占めるローンの返済額の割合のことです。
当然、返済比率は低いほど良好です。
ローンの返済額には住宅ローンの返済額に加えて他にローンの借入があればそのローンの返済額も加算されます。

カーローンで返済比率が上がってしまう

カーローンの借入があるとその返済額を含めて返済比率が計算されます。
返済比率の住宅ローンの審査基準は銀行や収入の大小で異なってきますが、おおむね35%が目線です。
住宅ローンのみの返済額であれば返済比率は35%未満であるが、カーローンの返済額を含めると返済比率が35%超になってしまうと原則として住宅ローンの審査には通らなくなります。

カーローンと他社借入状況との関係

住宅ローンの申込時にカーローンを利用していると住宅ローンの審査項目である他社借入状況に影響してくる可能性があります。

他社借入状況とは

他社借入状況とは1つにはどこから借入があるか、もう1つはその他社借入の返済状況に問題がないかどうかということです。
どこから借入があるかですが、よくある例では消費者金融から借入があるとそれだけで住宅ローンの審査に通らない可能性が出てきます。
カーローンですとディーラーローンとか銀行のカーローンが考えられますが、ディーラーローンや銀行のローンであれば問題はありません。
もう1つの他社借入の返済状況ですがこれはカーローンの返済を返済日にきちんと行っているかどうかが関係していきます。

カーローンを3ヶ月以上延滞したことがある

もしカーローンの返済を3ヶ月以上延滞したことがあると、それは延滞情報として個人信用情報に登録がされます。
延滞情報とは金融上の事故情報に該当します。
住宅ローンの審査では必ず個人信用情報が調査されますが、ここに延滞情報の記載があると一発で住宅ローンの審査には通りません。
そしてこの延滞情報は延滞が解消してから5年間は個人信用情報に登録がされています。
したがって住宅ローンの申込時期が3ヶ月以上の延滞が解消してから5年以内であるとまだ個人信用情報に登録が残っています。
住宅ローンの審査には通りません。

カーローンを3か月未満であるが延滞したことがある

延滞期間が3ヶ月未満であれば個人信用情報に延滞情報として記録が残ることはありません。
ただし個人信用情報には直近2年間のカーローンの返済状況が記録されています。
返済情報の記録内容は返済日にきちんと支払いがされたかどうかという内容です。
そのため仮に1日でも返済が遅れると支払がなかったことの情報が登録されることになります。
少し返済が遅れたのが1回や2回程度であれば「預金口座に入金するのを忘れた」と考えられます。
しかし返済が遅れたのが1回や2回どころではなく、5回も6回も遅れているのであれば「預金口座に入金するのを忘れた」とはもう考えられません。
お金が苦しいと考えるのが自然であり、住宅ローンの審査には通りません。

住宅ローンの審査とカーローンとの関係のまとめ

以上、住宅ローンの審査とカーローンとの関係をまとめると次のようになります。

・カーローンの返済額も返済比率の計算に加算される
・カーローンのために返済比率の審査基準に抵触してしまう可能性がある
・カーローンの返済が3ヶ月以上遅れたことがあれば住宅ローンの審査には通らない
・カーローンの返済状況が悪いと住宅ローンの審査には通らない

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-