個人の借金

スマートフォンの分割払いと個人信用情報

スマートフォンを購入する場合、分割払いで購入するケースが多いと思います。
このスマートフォンの分割払いの支払は「少しぐらい遅れても良い」と安易に考えるのは間違いです。
スマートフォンの分割払いと個人信用情報とのつながりを説明します。

スマートフォンの分割払いを個人信用情報の登録対象

スマートフォンの分割払いは商品を分割払いにて購入することと同じです。
本来は一括払いにて購入するところを分割で支払うことを相手方、つまり携帯電話会社が許容することとなります。
この点において携帯電話会社は購入者に対して一種の信用を与えることになります。
考え方としては携帯電話会社が購入者にお金を融資することと同じです。
このようなこともありスマートフォンを分割払いにて購入することは個人信用情報の登録対象となっているのです。

購入前に個人信用情報を調査されている

スマートフォンを分割払いにて購入された方はおわかりかもしれませんが、私たちが携帯電話会社にてスマートフォンを分割払いにて購入する場合、携帯電話会社が個人信用情報機関に照会を行い、購入者の個人信用情報を調査しています。
そして個人信用情報に問題があればスマートフォンを分割払いにて購入することが断られることもあるのです。

スマートフォンの分割払いで個人信用情報に登録されること

スマートフォンを分割払いにて購入すると次の2つが個人信用情報に登録されます

分割払いにて購入した事実

まずスマートフォンを分割払いにて購入した事実が登録されます。
購入者が携帯電話会社とスマートフォンの分割払い購入契約をしたということが個人信用情報に登録されます。
さきほども説明をしましたが分割払いで購入したということは購入者が携帯電話会社から融資を受けたということと同じです。
購入者はその後携帯電話会社に返済、つまり分割払いにて代金を支払う義務があります。
これは購入者の個人信用情報に関することですから登録の対象となっているのです。

支払状況が登録される

そして毎月代金を購入者は支払うこととなりますが、その支払状況が毎月、携帯電話会社から個人信用情報機関に登録されます。
支払が遅れれば遅れたという事実も個人信用情報に登録されます。
支払が遅れたということは借金の返済が遅れた、つまり延滞が発生したことと同じです。

スマートフォンの分割払いを安易に考えないこと

このようにスマートフォンの分割払いの支払は借金やクレジットカードの支払とまったく同じ重みがあります。
支払が遅れればその事実が個人信用情報に登録されてしまうのです。
したがって分割払いをいい加減にしていると、その後クレジットカードやローンの申し込みをしても審査が通らない可能性が出てきます。
たかがスマートフォンの分割払いだと安易に考えることは間違いです。
個人信用情報に傷がつきます。

関連コンテンツ

-個人の借金
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5