個人の借金

即日融資の受け方~キャッシングの申込書類編

急にお金が必要になりすぐにキャッシングでお金を借りる必要がある。
即日融資可能と言われているが本当に大丈夫なのか・・・?
今回は即日融資を受けるための準備としてキャッシングの申込書類について説明します。

即日融資の流れ

まずは即日融資の流れを簡単に確認しておきましょう。
即日融資の流れ
この図はキャッシングの申込から借入実行(振込)までの流れを示したものです。
即日融資を受けるにはこの5つの工程を短時間で終わらせることが必要になります。

申込はWEBがお薦め

まずスタートの申込ですがWEBでの申し込みがもっともお薦めです。
申込方法としてはWEBの他に、電話、郵送、来店の方法がありますが電話はオペレーターの人数も限られていますから、よくあるように待たされることが少なくありません。
郵送はお金が必要な時期まで余裕がある時の手段で即日融資は不可能となります。
来店は即日融資が可能な申込方法ですが店舗が近くにあり出向く時間があればの話です。
したがって即日融資に最もお薦めの方法はWEBでの申込となります。
スマホで容易に申し込みを行うことが出来ます。

仮審査~書類の提出~本審査

WEBにて申込手続きが終わると仮審査が行われます。
ここで借入の可否と借入可能な場合の限度額の提示が行われます。
そして案内にしたがい必要書類の提出し本審査に進みます。

借入実行

本審査が終了すればいよいよ利用開始です。
即日融資を希望するのであれば利用方法として振込を選択しましょう。
多くの場合にはキャッシング用のカードが発行されますが、通常カードは郵送によります。
当然ながら郵送を待っていれば即日融資は不可能です。
即日融資を希望するのであれば迷わず振込を選択しましょう。

最も時間がかかるのが書類の提出

さて即日融資でもっとも時間を要する可能性が高いのが書類の提出です。
ここさえ短時間で終わらせることが出来れば即日融資が可能です。
逆に書類の提出に戸惑ると即日融資は望めません。

少額の融資の場合には本人確認資料のみ

提出が必要な書類は仮審査が行われると案内がされますが、借入額が50万円以内の場合には本人確認書類だけでOKです。
ではどのような書類が必要となるのでしょうか。
消費者金融大手のプロミスのホームページには次のように案内がなされています。
50万円以下の必要書類
すばり運転免許証かパスポートですね。
運転免許証かパスポートであればこの1点だけで必要書類が完備です。
そして書類の提出はわざわざ郵送などを行う必要はなく画像送信で完了となります。
なお運転免許証やパスポートがない場合には例えば健康保険証プラス住民票といった2点の書類が必要となります。
また2点の書類の提出方法は小さい文字で記載がされていますが、来店での手続きの場合と案内されています。
したがって運転免許証やパスポートをお持ちでない場合には即日融資を受けるには必要書類を店舗に持参する必要が出てきます。

50万円超の場合には追加書類が必要

借入額が50万円を超える場合には上記の本人確認書類の他に追加の書類が必要となります。
消費者金融大手のプロミスのホームページには次のように案内がなされています。
50万円超の追加必要書類

まとめ

即日融資を受けるにあたって最も手間がかかるのが書類の提出です。
申込や審査はWEBで行うことが出来ますので、こちらに時間を要したり待たされたりすることはまずありません。
申込書類はどのキャッシング会社でもほぼ同じです。
予め手元に必要な書類を準備しておくことで時間の節約をすることができ、即日融資がストレスなく受けられるようになります。

SMBC系列で安心のキャッシングサービス

関連コンテンツ

-個人の借金
-, ,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5