銀行員ギンオジの独り言

リスケの申し出がきた

今日のお昼前にある担当先の会社の社長から電話がかかってきた。
来月から返済をストップしてほしいとの内容。
いわゆるリスケである。

リスケとは

融資を実行するにあたっては返済方法を予め決定し、金銭消費貸借契約書など融資の契約書に返済方法を記載して契約を行う。
融資実行後はその返済方法通りに融資先は返済をしなければならない。
毎月20万円というように毎月返済するパターンが多い。
しかし業績不振などによって資金繰りに支障が出て来ると当初の返済方法通りには返済が難しくなってくることがある。
このような時に返済額を減らすなどの相談を行うことができる。
銀行の同意が必要であるが返済額を減らすことがいわゆるリスケである。

リスケが銀行にとって痛手

ところでこのリスケは銀行にとっては大きな痛手となる。
リスケというのは融資の返済が困難なほど資金繰りが悪化していることを示している。
ということは融資した資金が最終的に回収できないリスクが銀行には増大することになる。
また銀行は融資に対しては一定の貸倒引当金という経費が発生しているが、リスケとなるとその融資先からの回収懸念が大きく増加するために貸倒引当金をさらに積み増す必要が出て来る。
つまり銀行にとっては融資資金の回収懸念に加えて経費の増加にもつながる痛手がある。
そのため銀行の本音はリスケはしてほしくない。

すべての取引銀行にリスケ要請が必要

多くの会社や1つの銀行だけと取引があるのではなく複数の銀行と取引をしている。
そしてリスケの要請は融資を受けているすべての銀行に同様に依頼を行う必要がある。
特定の銀行にだけリスケ要請を行い、別の銀行にはリスケの要請を行わずに今まで通りに返済を続けることは認められない。
なぜならさきほども言ったようにリスケが銀行にとって痛手である。
その痛手は取引銀行すべてが平等に受けないと銀行間に不公平が生じてまとめる話もまとまらない。
仮に当面の融資の元金返済を完全に止めて利息だけの支払にするリスケを要請する場合には、すべての銀行への元金の返済を止めることが絶対条件になる。

リスケが最後の手段

返済負担を緩和して資金繰り負担を減らすことが出来るのがリスケの最大のメリットであるが、一方で当面は新規の融資が受けられないというリスケのデメリットもある。
この新規の融資が受けられないというのがリスケの最大のデメリットである。
資金繰りが苦しくなっても今までのように銀行から融資を受けて資金繰りをつなぐということが出来なくなる。
このデメリットを十分に理解してリスケの相談を行う必要がある。

関連コンテンツ

-銀行員ギンオジの独り言
-,