銀行員ギンオジの独り言 銀行の本音

銀行融資に付き合いが必要か?

銀行から融資の提案があった際には付き合いだと思って融資を利用した方が良いという声があります。
実際に銀行から融資の提案があった際には付き合いとして利用した方が良いのかどうか、また銀行融資において付き合いはそもそも必要なのかについて銀行サイドからの見方で説明をします。

銀行融資の付き合いに関する質問

食品の開発をしている中小企業です。
最近、主力銀行から融資の提案を繰り返し受けています。
金利も低く提案してもらい魅力的ではあるのですが、資金繰りに問題はなく銀行から融資を受ける必要がありません。
金利は低くても借入なので返済しなければなりませんから、本音は融資を受けたくはありません。
ただ「銀行とは付き合いが大切」と周りの人からは言われます。
主力銀行でもあるしやはり付き合いとして融資を利用した方が良いのでしょうか。
もし融資の提案を断ったら、その後の取引に悪影響が出るのでしょうか。

銀行からの融資提案

銀行の支店などの営業現場などでは年間で数字の目標があります。
これは銀行の本部から割り当てられているものであり、各支店のこの目標を必ず達成するために日々営業努力をしています。
この数字の目標のなかにはもちろん融資も含まれています。
そのため銀行の支店は取引先に融資の提案を行うわけです。

貸せるから融資の提案をする

銀行の融資には必ず審査があります。
ただし銀行から融資の提案があるということはまず審査はOKと考えて差し支えはありません。
貸せる先だからこそ銀行は融資の提案を行っているのです。

銀行からの融資提案は融資目標のために貸せる先に対して行われる

融資提案を断る付き合いに影響するか

さて今回のテーマである銀行融資の付き合いに関することですが、結論から言って銀行からの融資提案を断っても付き合いに悪影響を及ぼすことはありません。
銀行からの融資提案を断ったからと言って銀行の態度が変わるということもありません。
したがって銀行から融資提案があっても資金繰り上意義があれば、融資を利用すれば良く付き合いだからと不要な融資を利用する必要はありません。

銀行からの融資提案を断っても銀行との付き合いには影響はない

融資取引は継続をした方が良い

ただしもうすぐその銀行から融資が完済となり、融資がゼロとなってしまう状態であれば付き合いで融資を受けることも意味があります。
銀行というところは融資残高がある先は融資管理の側面もあって、定期的に銀行からの接触があります。
しかし融資残高がゼロとなれば途端に銀行からの接触がなくなるということは実際にあることです。
そして銀行の担当者が変われば事実上、その銀行との取引がなくなってしまうといったこともあり得ます。
融資残高がゼロとなってしまうのであれば融資提案を受けて付き合いでも融資を受けた方が得策という考え方はあります。

銀行融資に付き合いが必要かどうかのまとめ

以上、銀行融資に付き合いが必要かどうかについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・基本的に銀行からの融資提案を断っても付き合いには影響しない
・ただしもうすぐ融資残高がゼロとなってしまうのであれば付き合いとして融資を受けるのも得策
・融資残高がゼロとなると銀行との付き合いは極端に薄れてしまう

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行員ギンオジの独り言, 銀行の本音