銀行融資の基本

初めての銀行融資はどこに相談にいくべきか

はじめて銀行から融資を受けようと思う時にはいろいろと心配することがあると思いますが、今回はどの銀行に相談に行くべきかについて考えていきます。

銀行員の反応

はじめての銀行融資
この図は見知らぬ会社や個人事業主の方が銀行に融資相談に来られた場合に、銀行員が抱く心象です。
銀行は融資を本業の1つとしていますから、本来であればお客様から融資の相談を受けることは歓迎すべきことのはずです。
しかしながら融資はただお金を貸すだけではなく返済していただかなければなりません。
万が一融資したお金が貸倒れとなれば銀行は大きな損失を被ることになります。
融資に携わる銀行員はまず「貸倒れ」という考えが先行するために上の図のような「どうしてうちに来たの?」という思いを抱いてしまうのです。
また銀行の融資は融資先の事業に資する資金目的でなければなりません。
その目的を達するためには融資先が何をやっている会社や個人事業主なのかを知る必要があります。
公序良俗に反するような事業に対しては銀行は融資は行いません。
したがってさきほどの「何をやっている会社(人)?」という心象を持つのです。

「そうしたうちに来たの?」に対して

「どうしたうちに来たの?」という銀行員の疑問に対してはなぜその銀行に融資相談に来たのかの説明が必要です。
もちろんどの銀行に融資相談に行っても良いのですが、無用の懸念を銀行員に抱かせないためには相談に行く銀行を絞るべきです。
まずは会社や事務所から近い銀行が相談に行く候補先の1つになります。
「近いから相談に来た」というのは自然なことですよね。
仮に会社や事務所から離れたところから相談に来られた場合、銀行員の「どうしてうちに来たの?」という思いは不信感に変わります。
銀行員は不信感を一度抱くとその不信感をなかなか払拭しません。
会社や事務所から近い銀行に相談に行くのが第一候補です。
そして複数の銀行が近くにある場合には、何かしらのつながりがある銀行をあればその銀行を相談候補先にしましょう。
例えば個人の口座を持っているというのも何かしらつながりになります。
会社や事務所から近く個人口座を持っているのであれば、その銀行に融資相談に行くのは自然なことですね。

「何をやっている会社(人)?」に対して

この銀行員の疑問に対しては会社案内など事業内容がわかるなるべく具体的なものを持参して説明するようにしましょう。
商品や製品のサンプルを持参するのも良いでしょう。
怪しいとか危ないとかそのような事業ではないですよということを銀行員に理解させることが大切です。
よく会社の謄本を持参される方がいらっしゃいますが、謄本には確かに事業内容が記載されてはいますが抽象的な具体的なイメージを持つことは難しいと思います。
なるべく具体的な資料等を併せて持参するようにしましょう。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.