銀行融資の基本

銀行の一次審査と二次審査とは?

融資稟議書の流れ

融資稟議の流れ
この図は銀行内で行われている融資稟議においてその稟議書はどのような回付されているかを示したものです。
担当者が起案した稟議書をまずは直属の上司である営業課長に回付します。
営業課長が決裁すれば次は融資課長です。
以降は図の順番のとおり、副支店長、支店長の順番で回付されていきます。
支店長権限内であれば支店長が決裁すれば融資稟議はここで完了です。
支店長権限を超える融資案件の場合には本店の審査部に稟議書が回付され、ここで決裁されてようやく融資稟議が完了することになります。
ここで使用された融資稟議書は銀行が融資可否を判断したいわゆるオフィシャルな重要書類です。
一定期間、この融資稟議書は銀行内で保管されることになります。

融資稟議は2回行われる

事前審査=一次審査

通常、オフィシャルな融資稟議の前に銀行内では事前審査を行っています。
取引先への融資可否を判断するにあたり、金額や融資期間、利率などの条件面などを検討し融資を行うかどうかを検討し課長や支店長などの意見を聞きます。
つまり柔らかい段階で融資可否や条件面をざっくばらんに検討する機会です。
ここで決めた内容にて取引先に提示し、取引先の同意が得られれば本審査=二次審査に移行します。
実は銀行の融資審査においては実態は事前審査=一次審査にてほぼ決まります。
言葉は事前審査=一次審査ですが、この場にて取引先に対する融資可否は事実上決まります。
ですからとても大切なプロセスなのです。

本審査=二次審査

この本審査=二次審査では少し言い過ぎかもしれませんが、実態は形式的な稟議プロセスです。
事前審査=一次審査で決まった内容をオフィシャルな融資稟議書に落とし込む作業が本審査=二次審査と言っても過言ではありません。
もっとも事前審査=一次審査では判明しなかったことが判明したために事前審査=一次審査では可決となったものが、本審査=二次審査で否決となるケースもありますが、稀なケースです。
事前審査=一次審査の段階で実際は本審査=二次審査の内容を確認していますから、事前審査=一次審査での結論が本審査=二次審査で異なるということはまずありません。

事前審査=一次審査が通れば大丈夫

銀行に融資を相談し、担当者から「審査で内定が取れました」とか「事前審査は通りました」などといった連絡が来れば融資はまず大丈夫と考えて間違いはありません。
事前審査=一次審査の結論の内容を確認し、それで了解が出来るのであれば銀行担当者にその旨を伝えましょう。
銀行担当者は取引先の了解が得られれば本審査=二次審査を行い、名実ともに融資稟議手続きが完了します。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5