信用保証協会融資 融資審査マンの見方

2期連続赤字だと信用保証協会や銀行は融資してくれませんか?

信用保証協会や銀行は融資はきちんと返済出来ることを期待しており、またそれぞれの業務の前提としています。
きちんと返済出来るかどうかは判断基準の基本は業績です。
毎期黒字であればきちんと返済出来るだろうと考えられます。
逆に赤字であればきちんと返済出来るかどうか懸念を持つことになります。
ましてや赤字が連続している場合には返済出来るかどうかの懸念はますます増大します。

2期連続赤字先に対する見方

一言で2期連続赤字にといってもケースはいろいろとあります。
ここでは2つの例にて説明します。

売上が年々減少し赤字幅の拡大している

損益計算書
最近3年間の損益計算書です。
まずAのケースとして、売上高をみると3年前からずっと年々売上が減少しています。
また営業利益や経常利益、当期純利益の赤字も年々増加しています。
売上の減少や赤字の拡大に歯止めがかかっていないと考えられます。
このような状態の場合には信用保証協会や銀行は融資を実行しても返済が滞り貸倒の懸念を持ちます。

売上が年々増加し赤字幅が縮小している

損益計算書
これはBのケースです。
さきほどのAのケースとはことなりこの場合には売上高が年々増加しており年々赤字幅が縮小しています。
1年前では経常利益や当期純利益はまだ赤字の状態ですが営業利益は黒字回復になりました。
このBのケースであると今年は経常利益や当期純利益も黒字回復が期待出来ます。
このように連続して赤字であっても信用保証協会や銀行の見方は少し異なってきます。

連続赤字の場合には今後の見通しが分岐点

さて赤字が続いていてさきほどのAのケースの場合に信用保証協会や銀行から前向きに融資を検討してもらうにはBのケースのように捉えてもらえると良いことになります。
そのためにはどうしれば良いかと言いますと、今後の業績の改善見込みをなるべく多くの具体策を基にして説明を行うことです。
すでにBのケースのようになっていれば良いのですが、まだまだAのケースの状態においては今後の具体的な改善策を示すことでBのケースが今後見えてくると信用保証協会や銀行に考えてもらうことです。
今後の改善策の具体的な説明においては言葉だけではだめです。
言葉に加えて具体的な数字が示せると良いでしょう。
また実現可能性が疑わしいようなバラ色の内容でもダメです。
絵にかいた餅のようでは信用保証協会や銀行の見方は変わりません。
改善がバラ色のように大幅に進捗していく内容である必要はありません。
それよりも徐々にであっても実現可能性が高い内容が求められます。
これらの説明を行うことにより足元はAのケースの状態であっても今後はBのケースのようになっていくと考えてもらえれば融資への道が開けてきます。

関連コンテンツ

-信用保証協会融資, 融資審査マンの見方
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5