融資審査マンの見方 銀行の本音

入金取引がないと運転資金融資がしづらい

銀行の融資の中で最も多い資金使途の融資は運転資金です。
銀行が運転資金を融資しやすいケースと融資がしにくいケースがあることをご存知でしょうか?

運転資金とは

まずは運転資金とは何かを整理しておきます。
ここに今回のテーマの答えが含まれています。

お金の流れ

お金の循環
この図はモデルケースとして製造業におけるお金の流れを簡単に示したものです。
お金はまず製品を製造するために必要な原材料の仕入のために必要となります。
お金が原材料に姿を変えたと考えてください。
そして原材料を使って製品を製造します。
原材料であったお金は今度は製品に姿を変えました。
そのうえで製品が販売されてその代金を回収することにより再びお金に姿になって手元に戻ってきます。
これは製造業におけるお金の一般的な流れです。

手元にお金がない時期がある

ところで見方を変えますと最初に手元にあったお金が原材料や製品に姿を変えて、最後に再びお金になって手元に戻ってくる間はお金が手元にないということです。
しかしこの間にも従業員の給料の支払や家賃などお金が必要な要因は少なくありません。
このように事業活動を行っている状況においてはお金が不足するのです。
この不足部分に対応するのが運転資金です。
最終的にお金の姿になって手元に戻ってくるまでの間のお金のつなぎが運転資金なのです。

運転資金融資の返済原資

運転資金融資はお金が手元に戻ってくるまでの間のつなぎ資金です。
ということは手元に戻ってくるお金が運転資金融資の返済原資ということになります。
販売とは売上ですから、売上代金が運転資金融資の返済原資そのものです。

運転資金融資のしやすさとしにくさ

銀行としては融資は必ず返済してもらわないといけません。
運転資金融資の返済原資は売上代金ですから、運転資金を融資している銀行としては自行にある融資先の口座に売上代金が入金されることを期待しています。
この売上代金が他の銀行口座に入金されているとなれば、融資の返済原資が確保されないことにつながります。
もちろん他の銀行口座に売上代金が入金になっても、その銀行から自行の口座に資金が付け替えされれば実質的には同じことなのですが、やはり直接自行の口座に売上代金が入金されることを期待しています。
このことから自行の口座に売上代金が入金されている取引先には運転資金の融資がしやすくなります。
逆に売上代金が他の銀行口座に入金されている取引先には運転資金の融資に慎重となります。
このような取引先から運転資金の融資の相談を受けても「売上を入金している銀行に相談してください」と言いたくなります。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方, 銀行の本音
-