銀行融資の基本 融資審査マンの見方 銀行の本音

創業融資の追加融資は受けられますか?

事業を営んでいない個人が創業する場合に必要となる資金として創業融資制度が設けられています。
今回はすでに創業融資を受けている個人事業主が追加で創業融資が受けられるかどうかというテーマです。

創業融資の追加融資に関する質問

昨年に個人で独立開業し、創業融資を500万円ほど利用しています。
現在返済中で、遅れはありません。
昨年の決算は赤字でした。
今回、新たな部門を立ち上げることになり、追加で数百万円ほどの融資を受けたいと思っています。
可能でしょうか?

創業融資は最初だけ

創業融資というのは事業を営んでいない個人が創業するにあたって利用できる融資制度です。
したがって創業後ということになりますとすでに事業を営んでいる個人事業主ということになりますから、追加で創業融資を利用することはできません。
ではどうなるかと言えば、追加融資は創業融資という枠組みではなく、一般の融資ということで検討がされることになります。
そのため創業と一般の言葉の違いはありますが、創業後に追加融資を受けることはできます。

赤字だが大丈夫か

創業時は立ち上げの経費が色々とかかりますから、初年度が赤字決算となってしまうことはよくあることです。
したがって初年度の赤字決算自体はそれほど気にされる必要はないと思います。
ただ気になることと言えば、赤字の状態で新たな部門を立ち上げるという点です。
銀行というところはそもそも保守的なところです。
赤字の状態で新たな部門を立ち上げるということを耳にすると、「まずは赤字を黒字化してから新たな部門の立ち上げを検討すれば良いのではないか」と銀行はまずは考えます。
新たな部門を立ち上げてその部門がまた赤字になればどうするのかということです。
創業融資後に追加融資が受けられるかどうかを考える前に、まずは赤字からの脱却を優先して対応すべきではないかというのが銀行の本音です。
赤字だが今後のその赤字部門をテコ入れするために資金が必要ということであれば、まだ追加融資の検討の余地はあります。
ただし他の新しい部門を立ち上げるために資金が必要となると、現実的には追加融資は非常に困難です。
赤字のテコ入れが優先事項です。
このような相談を受けると銀行としては追加融資がどうだということよりも、現在融資をしている創業融資がきちんと返済されるのかどうかが気になります。
赤字というのは必ず資金繰りを悪化させます。
融資の返済を継続するためには何よりも資金繰りが安定していることが大前提です。
ところが赤字で資金繰りが悪化すれば、安定した融資の返済に懸念が生じてしまいます。
繰り返しですが、追加融資というよりはまずは黒字化が優先です。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 銀行の本音
-