銀行融資の基本 融資審査マンの見方

個人事業主で赤字ですが融資は受けられますか?

赤字申告をした個人事業主からの融資相談の事例です。
個人事業主は一般的に信用力が弱いですが赤字となると融資は無理になってしまうのでしょうか。

赤字の個人事業主からの融資相談事例

現在個人事業主として商売をしています。
今年の確定申告は赤字で申告をしたのですが、急にお金が必要になりお金を借りたいのです。
赤字であればお金は貸してくれないと聞きますがやはり無理でしょうか?

赤字に対する銀行の受け止め方

銀行の融資業務においてもっとも大切なことは融資のボリュームを増やすことではなく、融資を最後まで回収することです。
もし融資が回収できなければそれは銀行の損失となってしまいます。
一たび融資の回収ができない事態が発生すれば、それまでの利息収入は一挙に吹き飛んでしまい損失だけが残ってしまいます。
したがって銀行としては融資を回収することがもっとも大切なことなのです。
赤字
この点において赤字ということは一般的には返済ができないということであり、融資の回収に大きな懸念が持たれる事態です。
そのため赤字の取引先に対してはどうしても銀行は融資に慎重なスタンスとなってしまうのです。

赤字の個人事業主に対する融資姿勢

「赤字だと融資は無理か?」といったお問い合わせは多く、このサイトの他の記事でもご案内していますが、「赤字だから融資は無理」ということはありません。
もっと丁寧にご案内するとしたら「赤字ということでだけで融資はしない」ということはないのです。
現に赤字の個人事業主に、銀行は融資をしています。
一部の例外ではありません。
数えきれないほど赤字の個人事業主ににも銀行は融資をしているのです。
問題なのは赤字という事実ではなく、この先も事業を継続し返済がきちんと行えるかどうかということです。
この赤字ではあるけれどもこれからの業績の見通しからきちんと返済ができるということがわかれば、赤字の個人事業主にも銀行は融資を行うのです。
赤字にもいろいろあります。
毎期毎期赤字が続いており、一向に回復の目途が立たない状態だと、さすがに銀行融資は難しいです。
これは銀行融資の返済が困難だと考えられるからです。
一方で現在は赤字であるものの、黒字回復の見込みが期待出来る場合には、少なくとも事業継続に必要な資金繰りを銀行は支援する方向で検討するのです。
したがって赤字の場合には、この先どのようにして業績を立て直すのか。
その具体策の銀行への提示が効果的です。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-, ,