個人の借金

住宅ローンの審査で妻がブラックだと通りませんか?

住宅ローンを申し込みたいが妻の借金のことが気になる・・・。
妻がブラックの場合に住宅ローンの審査が通るのか、やはり審査が通らないのかを説明します。

妻がブラックだと住宅ローン審査が通らない?

住宅ローンの審査においては妻や家族のことが調べられるということが時々耳に入りますが実際はどうなのでしょうか。
妻や家族がブラックだと住宅ローンの審査は通らないのでしょうか。
事実を説明します。

住宅ローン審査の基本 妻は関係ない

まず住宅ローンの審査において審査の対象となるのは住宅ローンを利用使用している本人だけです。
これが原則です。
妻や家族は原則として住宅ローンの審査には関係ありません。
そして住宅ローンの審査においては妻や家族など審査に関係がない人がブラックどうかという個人信用情報を調べることもありません。
例え妻がブラックであるとしても住宅ローンの審査においては妻がブラックかどうか個人信用情報を調べないのですから、本人が言わない限り銀行にはわかりません。
したがって住宅ローンの審査においては妻がブラックだとしても関係がないというのが原則です。

住宅ローンの審査に妻が影響するケース

しかし安心はできません。
住宅ローンの審査において妻がブラックかどうか影響する場合があるのです。
妻がブラックで住宅ローンの審査に影響する場合とは妻が住宅ローンの連帯債務者や連帯保証人になる場合です。

妻が連帯債務者や連帯保証人になるケース

では妻が連帯債務者や連帯保証人になるケースとしてはどのようなことがあるのでしょうか。
もっとも多い事例は夫婦の収入合算で住宅ローンを申し込む場合です。
夫婦の収入合算で住宅ローンを申し込むことにより審査に使用される収入が夫単独の場合に比べて増加します。
収入が増加することにより住宅ローンの審査基準の1つである返済比率の基準がクリアになったり、より多額の住宅ローンが利用できる可能性が出てきます。
そのため夫婦の収入合算で住宅ローンを利用する人は決して少なくありません。
そして夫婦の収入合算で住宅ローンを利用する場合には夫が主として住宅ローンを利用する場合においては、妻が住宅ローンの連帯債務者となったり連帯保証人になることが求められます。

連帯債務者とは

住宅ローンの連帯債務者とは夫と妻の両方がそれぞれ住宅ローンを直接利用する本人となります。
債務者ですから住宅ローンを第一義的に返済する義務を負う立場です。

連帯保証人とは

一方で連帯保証人の場合ですが、これは主たる債務者が夫として妻が連帯保証人になった場合、住宅ローンを第一義的に返済する義務がある人が主たる債務者である夫だけです。
そしてもし夫が住宅ローンの返済ができなくなった場合には連帯保証人である妻が住宅ローンを返済する義務を負います。

連帯債務者と連帯保証人で共通すること

連帯債務者と連帯保証人で共通することは最終的に住宅ローンを返済する義務を負っているということです。
連帯債務者は第一義的に、連帯保証人は第二義的にという違いはありますが、いずれも場合も最終的に住宅ローンを返済する義務を負っています。

妻が物上保証人になる場合

物上保証人とは不動産担保の提供者です。
住宅ローンで購入する住宅の所有者を夫単独ではなく夫婦の共有名義とすることもよくあります。
そして住宅ローンにおいては購入する住宅の不動産を必ず担保徴求します。
このような場合には夫は住宅ローンの債務者、妻は担保提供者として物上保証人になるのです。
そして銀行の住宅ローンの実務においては物上保証人の責任を明確にする目的もあり、物上保証人を連帯保証人として徴求をしています。
つまり物上保証人である妻を連帯保証人として徴求するということです。

連帯債務者と連帯保証人は個人信用情報の調査対象

このように連帯債務者と連帯保証人はいずれも最終的に住宅ローンを返済する義務を負っていますから、銀行は住宅ローンの審査の一環として連帯債務者や連帯保証人の個人信用情報を調査するのです。
そして妻がブラックであることが判明すれば住宅ローンの審査は通りません。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-