個人の借金

キャッシング枠とは

キャッシングは手軽にお金を借りることができるということで人気のローンです。
ところでキャッシングにはキャッシング枠というものがあります。
キャッシング枠とは何か、キャッシングの特徴について説明をします。

キャッシングとは

キャッシングとは一言で言えばお金を借りることです。
キャッシングにはローン専用のものとクレジットカードに付いているキャッシングの2種類があります。

ローン専用のキャッシング

ローン会社や消費者金融会社などが行う個人向けの融資の1つにキャッシングがあります。
多くの場合にはキャッシング専用のカードが発行されて、そのキャッシング専用のカードを使って銀行やコンビニのATMからお金を引き出すことでキャッシングを利用することができます。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードはそもそも買い物や食事等に代金の支払いに利用するものであり、ローンではありません。
しかしクレジットカードにはローン機能を付与することができ、これがクレジットカードのキャッシングと言われるものです。
やはりクレジットカードで銀行やコンビニのATMからお金を引き出すことでクレジットカードのキャッシングを利用することができます。

キャッシング枠とは

キャッシングには通常キャッシング枠というものが設定されています。
キャッシング枠とはキャッシングの上限額が定められており、その上限額、つまりキャッシング枠の範囲内であれば繰り返しキャッシングを利用することができます。
例えばキャッシング枠が20万円だとします。
そして一回のキャッシングで10万円を利用したとすると、キャッシング枠の20万円との差額、つまり10万円はまだキャッシングを利用することができます。
また現在、キャッシングをキャッシング枠一杯の20万円を使っているとしても、その後に返済をして現在のキャッシング利用残高が15万円だとすると、キャッシング枠との差額である5万円は再びキャッシングを利用することができます。
このようにキャッシング枠というのはキャッシングが利用できる上限金額のことであり、その上限金額であるキャッシング枠の範囲内であれば繰り返しキャッシングを利用することができます。
これがキャッシングの最大の特徴です。

キャッシングの注意点

キャッシングの注意点として大きく2つを説明します。

キャッシングは金利が高い

キャッシングはローン、つまり借金ですから、借金に対しては金利が発生します。
そしてこのキャッシングの金利は決して低くはありません。
ローン会社等におってキャッシングの金利は異なりますが、多くの場合ではキャッシングの金利は15%から18%程度です。
住宅ローンなどに比べるとはるかにキャッシングの金利は高いものとなっています。

ついつい利用してしまう

さきほども説明したようにキャッシングは銀行やコンビニのATMから簡単に利用することができます。
感覚としては銀行のキャッシュカードでATMからお金を引き出すこととまったく同じです。
またキャッシング枠の範囲内で繰り返し利用することができ、かなり便利です。
そのためついついキャッシングを利用しがちになります。
かつさきほども説明したようにキャッシングの金利は高いです。
金利はキャッシングの利用残高に応じて発生します。
世の中にはキャッシング地獄という言葉もあり、簡単にかつ繰り返し利用できるキャッシングの便利さと高い金利のため、なかなかキャッシングの利用残高が減りません。
この点は要注意です。
極力キャッシングは必要最低限の利用にとどめるようにしてください。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-