銀行融資の基本

不動産担保で銀行融資を受けていますが、今月末の支払が出来ません

実際の相談事例です。
相談の要旨は、

・不動産担保で銀行融資を受けている
・事業の不振が続いており、今月末の返済が出来ない
・返済が出来なければ不動産担保はすぐに実行されるのか

です。

銀行に実情の説明を

このケースの場合には、とにかく融資を受けている銀行に実情の説明と相談をすることです。
銀行の基本スタンスは融資先の事業の継続です。
決して不動産担保を実行して融資金をすぐに回収することではありません。
融資の返済を止めれば事業の継続が可能なのかどうかがポイントです。
融資の返済を止めても、その他の支払が出来ず早晩事業が破綻してしまうのであれば別ですが、コスト削減など自助努力もして事業の継続が可能であれば、銀行は融資の返済条件の緩和を検討します。
不動産担保があり、その担保の評価があれば銀行としても融資の最終的回収には懸念がないわけですから、無担保の場合と比べ銀行は返済条件の緩和に柔軟に対応することが期待出来ます。
悩むより相談です。

返済条件の緩和については下記のページも参照ください。
返済条件変更(リスケ)

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.