個人の借金

住宅ローン申込の流れ

住宅ローンの申込から実行までの流れについて整理をしておきましょう。
住宅ローン申込時の注意点なども説明をします。

住宅ローンの流れ

住宅ローン申込の流れ
この図は住宅ローンの申込から実行までの流れを簡単に示したものです。

住宅ローンの申込は物件が決定してから

住宅ローンの申込はまず事前審査からスタートをしますが、住宅ローンの申込は具体的に購入する物件が決まってからしか手続きをすることができません。
住宅ローンを利用される個人の方からすると物件が決定する前にまずは自分がどのくらいの住宅ローンが借入できるのか知りたいところだと思います。
住宅ローンが利用できる金額の目星をつけてから物件を探したいのではないでしょうか。
しかし銀行は具体的に購入する物件が決まった後でないと住宅ローンの申込を受け付けてくれません。
したがって購入する物件が決まって住宅ローンの申込をしたものの、審査が通らずにその物件の購入を諦めざるを得ないこともあるわけです。
この住宅ローンの申込は具体的に購入する物件が決まった後でないと申込ができないというのが注意点です。

ローン条項の存在

住宅の購入契約、つまり住宅の売り主と売買契約を締結してから住宅ローンを申し込んだものの、審査が通らなった場合には締結した売買契約を解約する必要も出て来るでしょう。
契約の解約には一般的に違約金といったペナルティが課せられますが、売買契約にある条項を加えておくことでこのペナルティを支払うことなく売買契約を解約することができます。
そのある条項というのがローン条項と呼ばれるものです。
このローン条項が売買契約のなかに定められていれば、住宅ローンの審査が通らなかった場合にはペナルティがなく住宅の売買契約を解約することができます。
一般的にローン条項には住宅ローンを申し込んでいる銀行名と住宅ローンの申込金額、そしてローン条項の期限、つまりいつまでならペナルティを支払うことなく売買契約を解約することができるのかの時限が決められています。
このローン条項があれば万が一、住宅ローンの審査が通らなった場合でもペナルティを支払うことなく売買契約を解約することができますから安心です。

住宅ローンの契約と実行、支払

住宅ローンの審査が通ると次は住宅ローンの契約、つまり金銭消費貸借契約を銀行と結ぶこととなります。
この金銭消費貸借契約を締結した後に住宅ローンが実行されることとなります。
なお一般的に住宅ローンの実行と購入代金などの支払は同一日に行われます。
銀行としては住宅ローンとして融資しした資金は間違いなく住宅の購入費用と充ててもらう必要がありますから、実務的には住宅ローンの実行と購入費用と支払は同一日に行われます。
また住宅ローンの購入費用と支払と同時に買主としては不動産の名義を自分自身にしてもわらないといけません。
したがって通常は買主、売り主、不動産仲介会社、司法書士、そして銀行は一堂に会してこれらの手続きを一緒に行うのが一般的です。

関連コンテンツ

-個人の借金
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5