個人の借金

使用していないカードローンについて

カードローンを複数枚所有しているものの、使用しているのは1枚だけで他のカードローンは使用していないといったケースがあると思います。
このような場合には未使用のカードローンを所有していることのメリットとデメリットを説明します。

いざという時の安心感

未使用のカードローンを所有しているメリットはやはりいざという時の安心感でしょう。
何らかの理由によりお金が急に必要となる時があります。
その際にカードローンを持っていれば急な出費に対応することが出来ますから、心の安心感が得られます。
このことが使っていないカードローンを持っていることのメリットでしょう。

使っていなくても借金とみなされる

心の安心感が得られるカードローンですが、実は使用していない場合でも借金としてみなされることがあります。
例えば手元に使用していない利用限度額100万円のカードローンがあるとします。
使用していないのですから返済もありませんし、当然のことながら利息も発生しません。

住宅ローンを申し込むケース

このように手元に未使用のカードローンを持っていても使用していない限りは借金ではありません。
ところが時の場合によっては使用していなくても借金とみなされることがあるのです。
その代表的なものが住宅ローンを申し込む場合です。
カードローンは使用していなくてもいつでも利用限度額までは使えるのが特徴です。
この特徴のために住宅ローンの審査時においては利用していなくてもカードローンの利用限度額までは借金があるものとして審査がされるのです。
このことが使用していないカードローンを持っている場合のデメリットでしょう。
例えば先ほどの例のようにカードローンの利用限度額が100万円だとすると、100万円の借金があるものとして住宅ローンの審査は行われるのです。
100万円の未使用のカードローンを持っているために住宅ローンの金額が減額となったり、場合によっては住宅ローンの審査が通らないことも決して珍しいことではありません。

未使用のカードローンをどうするか

それでは未使用のカードローンを持っている場合、それをどのようにするのが正しいのでしょうか。
資金的に今後の出費に不安があるのであれば未使用のカードローンはいざという時のために持っている方が良いでしょう。
急な出費が必要な事態が生じたときに一からローンを申し込むのは時間と手間がかかります。
手元にカードローンがあればすぐに急な出費に対応をすることができます。
一方で手元の相応の資金がすでにあり、急な出費にもその手元資金で対応ができる場合には未使用のカードローンは解約をしましょう。
将来の住宅ローンの利用を考えれば未使用のカードローンを持っていることは先ほどの例のように住宅ローン審査にマイナスとなりますから、使用予定がないのであれば解約をしておきましょう。
カードローンを解約すればもう借金とはみなされることはありません。

関連コンテンツ

-個人の借金
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5