個人の借金

キャッシングやカードローン利用枠はどのように決まっている?

キャッシングやカードローンには必ず利用可能な限度額というものが設定されます。
そして例えば利用枠が50万円であれば、50万円までは繰り返し利用出来ます。
現在の実際の利用額が50万円で利用枠一杯の状態であっても、その後返済を行い利用額が45万円となれば利用枠との差額の5万円は追加で利用出来ます。
ところでこのキャッシングやカードローンの利用枠はどのようにして決められているのでしょうか?
利用枠の設定は各金融会社の審査によって決められておりその審査基準は非公表となっていますが、おおむね次のような項目により利用枠が決められています。

収入

基本的に収入が多いほど利用枠が大きくなります。
そしてこの収入というのはその人が安定的に得られる収入が対象です。
例えばサラリーマンやアルバイト・パートの人の給与収入は安定的に得られる収入と考えられます。
一方で例えば株の売買による収入というのは決して安定的に得られる収入とは考えられません。
変動する可能性が高い内容であり、その収入をベースにして考えることは難しくなります。

他社の借入状況

他に借入があれば、その借入額を考慮しなければなりません。
例えば年収が300万円の人の場合で、他社から一切借入がない人と他社からすでに100万円の借入がある人とを比べた場合には、他社から一切借入がない人の方が利用枠が大きくなります。
なお総量規制というものがあります。

総量規制とは貸金業者から借入出来る金額は年収の3分の1までという規制です。 したがって先ほどの年収300万円の人の場合、貸金業者全部から借入出来る金額の上限は100万円までということです。 したがって他社から既に100万円の借入がある人は他の貸金業者から追加で借入することは出来ません。


なお総量規制には例外があります。
総量規制の対象外となる借入には次のようなものがあります。

総量規制の対象外となるもの ・銀行や信金、ろうきんのカードローン ・クレジットカードのショッピング枠 ・住宅ローンや自動車ローン ・おまとめローン・借換えローン


ただし総量規制の対象外だからといって年収の3分の1を超えて利用できるとは限りません。
銀行などは独自で厳しい審査基準を設けていますから、総量規制の対象外だからといって借入が出来るわけではありません。

他社借入の返済状況

キャッシングやカードローンの申し込むを行うと貸金業者では必ずその人の個人信用情報を調査します。
個人信用情報機関は各貸金業者が加盟しており、利用している人の返済状況などの情報が集約されています。
他社の借入を延滞しているなどの事例があると、やはり利用枠が減らされたり、そもそも利用が出来ないといった事態になります。

このようにキャッシングやカードローンの利用枠はおおむね上記の要因には判断がされています。

-個人の借金
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.