当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

個人の借金

キャッシングの利息計算について

キャッシングというの金利が高いという印象がありませんか?
実際、キャッシングの金利は住宅ローンや教育ローンなどに比べてはるかに高く概ね18%程度です。
今回はキャッシングの利息計算の方法を理解しキャッシングの利息の節約方法について融資担当の銀行員が説明をします。

キャッシングがなかなか減らない

キャッシングがなかなか減らないという思いが実際にキャッシングを利用している人の多くが感じていることです。
なぜ返済してもキャッシングがなかなか減らないかと言えば、それは利息が高いことに原因があります。
キャッシングの返済内訳
この図はキャッシングを30万円利用している状態で毎月1万円ずつを返済していった場合の返済予定表です。
1回目の欄をご覧ください。
10,000円の返済は元金5,500円と利息4,500円の合計額です。
キャッシング本体の返済が元金の部分ですから、10,000円を返済しているにもかかわらず、キャッシングのそのものの返済は5,500円にとどまっています。
これがキャッシングがなかなか減らないと感じる理由です。

キャッシングの返済内訳

返済内訳
キャッシングの返済方法は一般的に毎月の定額返済方式です。
毎月同じ金額を返済していくわけですが、その返済の内訳はこの図のとおりです。
要するにはキャッシングの返済はキャッシング本体の返済である元金と利息の合計額です。
利息を優先して支払い残りがキャッシングの元金の返済に充当される仕組みです。

まず利息の支払いに充当され残りがキャッシングの元金返済に充当される


ではキャッシングを早く返済していくにはどうすれば良いのでしょうか。
この方法を理解するにはまずはキャッシングの利息計算の方法を理解することが近道になります。

キャッシングの利息計算の仕組み

キャッシングの利息計算の方法を理解しましょう。
キャッシングの利息計算は単純です。
決して難しいことはありません。
利息計算式
この図はキャッシングの利息計算の方法を示したものです。
つまり利息はキャッシングの残高、つまり元金に金利を乗じて計算します。
たったこれだけです。

キャッシングの利息は1日1日の積み重ね

そしてこの利息が毎日毎日、計算されて積み上がってきます。
利息額
この表は1日から月末の31日まで毎日のキャッシング残高に対して金利が15%として日々どのくらいの利息が発生しているかを示したものです。
1か月の累計では1,311円となっています。
つまりここで押さえていただきたいことは利息は毎日毎日、積み重なっているということです。

キャッシングの利息は1日日の積み重ね

キャッシングを早く返すには

このようにキャッシングの利息は毎日のキャッシング利用残高に応じて1日毎に計算されています。
そしてキャッシングの利息は元金に金利を乗じて計算されます。
というこは元金が減れば利息は少なくなるということです。
キャッシングはATMで簡単に借金が利用出来ますが、返済も簡単に出来ます。

こまめに任意返済をする

キャッシングの返済は通常は毎月の定例日に返済します。
しかし毎月の定例返済日以外にも任意で返済をすることができます。
任意返済の方法はいたって簡単です。
コンビニエンスストアのATMなどでキャッシングカードに入金をすることで任意返済は完結します。
任意返済はいつでも何回でも行うことができます。
手元に少し余裕が出た際にはこまめに任意返済を行ってください。

元金が減れば利息も減る

そして任意返済によりキャッシングの元金が減ればそれに比例して利息も減ります。
このことは定例返済日により多く、元金の返済に充当されることを意味しています。

キャッシングを早く返すコツはとにかくこまめな任意返済で利息を減らすこと

キャッシングの利息計算の方法についてのまとめ

以上、キャッシングの利息計算の方法についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・キャッシングの利息計算の方法⇒元金×利率
・キャッシングの利息は1日毎に計算されている
・キャッシングの返済はまず利息に充当され残りが元金に充当される仕組み
・任意返済がキャッシングを早く返すコツ

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-個人の借金
-,