個人の借金

住宅ローンの審査と消費者金融の関係

消費者金融から借入があると住宅ローンの審査が通らなくなるといったことを聞かれたことがあると思います。
実際に消費者金融から借入があると住宅ローンの審査は通らないのかどうかを説明します。

住宅ローンの審査項目一覧

住宅ローンの審査項目一覧
この図は実際に銀行で行われている住宅ローンの審査項目を一覧にしたものです。
この住宅ローンの審査項目のなかで消費者金融が関係してくるのは9の返済比率と10の他社借入状況です。

返済比率とは

住宅ローンの審査項目の1つである返済比率は収入に占める返済額の割合のことです。
この返済額には住宅ローンの返済額のほかに他に借金があればその借金の返済額も加算して計算がされます。
当然、消費者金融への返済額も加算されて返済比率が計算されることになります。
返済比率の審査基準は銀行によって異なりますが、おおむね35%と考えてください。
返済比率が35%以内であればOKであり、返済比率が35%を超過すれば原則として住宅ローンの審査には通りません。

他社借入状況とは

他社借入状況の審査には2つの事項があります。

どこから借入をしているか

2つの事項の1つ目は「どこから借入をしているか」です。
つまり借入先がどこかということです。
借入先が銀行なのかカード会社なのか、あるいは消費者金融会社なのかなどです。

返済はきちんと行っているか

2つの事項の2つ目は他社借入の返済状況の調査です。
延滞がないかどうか、きちんと返済日に返済をしているかどうかを調査し審査をしています。
ここで他社借入に延滞があると原則として住宅ローンの審査には通りません。

消費者金融の利用があると住宅ローンの審査はどうなる?

さて消費者金融からの借入があると住宅ローンの審査は通るのかどうかです。
この点は銀行によって異なります。

消費者金融からの借入があると審査否決

もっとも審査に厳しい銀行では消費者金融から借入があるだけで、完全に住宅ローンの審査は否決となります。
大手メガバンクに多い傾向です。

消費者金融利用が1社ならOK

消費者金融からの借入があるものの、それが1社だけであればそれだけで住宅ローンの審査を否決とはしないということです。

消費者金融からの借入が数社でもOK

消費者金融からの借入が2社以上あってもそれだけで住宅ローンの審査を否決としないということです。

住宅ローンの審査と消費者金融のまとめ

このように消費者金融からの借入があると住宅ローンの審査が総じて厳しくはなりますが、消費者金融からの借入があっても住宅ローンが利用できるところがあることは事実です。
ただしよく言われることではありますが住宅ローンを申し込む前にできれば消費者金融からの借入はゼロにしておきたいところです。
消費者金融からの借入の有無で住宅ローンの審査には大きな違いが生じます。
また住宅ローンは超長期のローンですから、その後何十年も住宅ローンの返済を続けていかなけばなりません。
そのためには資金繰りの安定が欠かせません。
消費者金融は高利率で資金繰りを不安定にする要因になる可能性がありますから、できるだけ住宅ローンを申し込む前に消費者金融からの借入を完済しておきましょう。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-,