融資審査マンの見方

信用保証協会の保証余力はあるか?

ホーム銀行融資審査マンの心理>信用保証協会の保証余力はあるか?

銀行融資、特にプロパー融資を検討する際には融資先の資金繰りが当面維持出来るかどうかが1つの判断ポイントとなります。
当面の資金繰りが維持出来る見通しが持てれば、融資の返済が問題なく行われる可能性が高いと考えることができ、融資を前向きに検討することが出来ます。
この資金繰りが当面維持出来るかどうかを検証するにあたって、信用保証協会の保証余力は1つの大きなポイントです。
信用保証協会の保証余力とは、信用保証協会から追加の保証が得られることであり保証があれば当行、他行を問わず、この融資先はその保証により銀行から追加の資金調達が出来る可能が極めて高いと判断出来ます。
プロパー融資を行った後、融資先の資金繰りが悪化しても信用保証協会の保証付融資により資金繰りが改善し、返済が続けられると考えることが出来ます。
逆の言い方をすれば信用保証協会の保証余力があれば、プロパー融資のしやすくなるということです。
このことは信用保証協会の保証余力がなければ、その融資先は当面は信用保証協会の保証付融資が受けられないことを意味ますから、銀行から見てリスクの高いプロパー融資は慎重にならざるを得なくなるのです。

信用保証協会の保証枠には一定の限度があります。
その限度額は融資先の業績や規模等によって一律ではなく、なかなか融資先自身では判断がつかないところですが、直接、あるいは取引銀行経由で信用保証協会に保証余力を問い合わせることが可能です。
ある程度、信用保証協会の保証余力を残しておくことはプロパー融資を含めてスムーズな資金調達を行う上での「テクニック」となります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.