当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

個人の借金

リボ払いを早く返すには

クレジットカードの支払方法の1つであるリボ払いは借金です。
リボ払いの金利は消費者金融並みの水準でれっきとした借金です。
リボ払いを早く返したいと思っている人はたくさんいます。
リボ払いを早く返すにはどうしたら良いのかを融資担当の銀行員が説明をします。

借金はクレジットカードのリボ払い

30代女性の悩みです。
まずはこの女性の現在の借金明細をご覧ください。
借金明細
カードローンや消費者金融の利用はありませんがクレジットカードのリボ払いを利用しています。
クレジットカードのリボ払いも借金そのものです。
この女性はOLなのですが一時期、給与が今よりも高い時期が続いたことがあり、その際に気が大きくなって多くの買い物をした結果、現在のようなクレジットカードの残高になってしまったものです。

お金の収支を見てみる

さてここでこの30代女性の現在のお金の収支状況を見てみましょう。
家計収支
収入の毎月21万円はボーナスを含めた年間の平均で示しています。
生活費が⑱の189千円かかっていますから、残りは⑲の21千円です。
ここからクレジットカードのリボ払い4万円がありますから、およそ2万円が返済のために不足する状態になっています。

【生活収支<借金返済額】ではリボ払いを含めた借金は減らない

この女性の借金の返済を含めた収支は次の図のようになっています。
借金返済収支
⑲の生活収支よりも㉑の借金返済額の方が多くなっています。
借金の返済が遅れると後からややこしいことになりますから、この女性は何とか工面して借金の返済を続けています。
しかし基本的に【生活収支<借金返済額】の状態ではどこからのタイミングでお金が足らなくなってしまいます。
新たな借金を作りやすくなっている状態だと言えます。
何とか工面し続けることが出来てきたものの、今後のそれが保証されるわけではありません。
医療費など突発的な支出を余儀なくされることも今後はあり得ますから、その際には新たな借金を作ってしまうかもしれません。
「せっかくリボ払いを減らしてきたの・・・」と気持ち面でも新たな借金は非常に辛いことです。
しかし背に腹は代えられず多くの方が新たな借金を作ってしまい、いわゆる借金地獄に陥ってしまいます。

リボ払いを返すにはお金の収支の改善が必要

したがってこの女性の場合には何とか次のような状態にもっていかなければなりません。
借金返済収支

リボ払いの金額を減らす

この女性の場合には⑲の生活収支が21千円ですから、借金返済額が2万円であれば収支の中に納まります。
とにかくリボ払いを早く返したいとの思いからこの女性の方は毎月3万円のリボ払いを設定し利息と合計して4万円程度になるようにしています。
リボ払いを早く返したいいう思いは間違ってはいないのですが、現在のこの女性の収支状態からは無理があります。
リボ払いを返しても新たな借金を作ってしまえば、借金総額は減りません。
ここはリボ払いを早く返したいという思い逆行しているように感じられるかもしれませんが、リボ払いの金額を少なくしましょう。
リボ払いの金額を少なくすることでリボ払いを返すピッチは遅くなります。
しかし収支はこれで均衡させることは出来ますから新たな借金を作ってしまうリスクは低下します。

リボ払いを早く返すにはのまとめ

以上、リボ払いを早く返すにはについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・リボ払いを含めた借金の返済はお金の収入の範囲内でできることが大前提
・お金の収支がマイナスであればリボ払いは減っても新たな借金が増える可能性がある
・収支を安定させるために一旦リボ払いの返済額を少なくすることも大切
・着実に返済をすることで新たな借金を作ることなくリボ払いが返せる

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-個人の借金
-, ,