個人の借金

キャッシングリボとは

急にお金が必要となった時にすぐにお金を引き出すことができるキャッシング。
キャッシングは怖いという評判がありますが、うまく利用すれば怖いということはありません。
キャッシングリボとはキャッシングの返済方法のことですが、どのようなものなのかを説明します。

キャッシングとは

キャッシングというと昔はクレジットカードに付いているお金を一時的に借りるサービスのことでしたが、今ではクレジットカードに限らず広くお金を借りることをキャッシングと呼ばれています。
キャッシングというのはもちろん英語ですが、英語のキャッシングの本来の意味は「現金化」です。
現在ではキャッシングとはキャッシング専用のカードを利用して銀行やコンビニエンスストアのATMからお金を引き出すようにしてお金を借りることを意味しています。
そしてキャッシングはクレジットカードに付いているサービスの他にローン専門会社や消費者金融会社などが行っている個人向けのローンの代表的な商品としてキャッシングの取扱いがなされています。
キャッシング=カードローンと言える状態です。

キャッシングの特徴

キャッシングの一番大きな特徴としてはキャッシング枠というものが設けられていることです。
住宅ローンや教育ローン、オートローンというのは最初にお金を借りて、その後は返済条件に従って毎月返済をしていくだけです。
ところがキャッシングというのは最初にお金を借りても限度額、つまりキャッシング枠の範囲内であれば繰り返しキャッシングでお金を借りることができます。
キャッシング枠は個人によって設けられている金額が異なっています。
キャッシング枠が10万円の人もいれば、キャッシング枠が100万円の人もいます。
個人の収入状況や他の借入状況などによって個人ごとにキャッシング枠は異なります。

キャッシングリボとは

キャッシングリボとはキャッシングの返済方法のことです。

キャッシングは一括返済が基本

キャッシングの返済方法は一括返済が基本です。
例えばキャッシングで10万円を利用した場合、翌月以降の決まった日にキャッシングの10万円と利息を一括して返済するのがキャッシングの返済方法の基本です。
しかし一括返済は資金的に困難なこともあるでしょう。

キャッシングリボとは分割返済

キャッシングリボとは分割して返済する方法です。
10万円と利息を一括返済するのではなく、毎月1万円プラス利息を返済していくといった分割返済方法のことをキャッシングリボと呼んでいます。
キャッシング会社の中には最初からキャッシングリボにて返済していく方法が設定されているものも少なくありません。
最初からキャッシングリボが設定されておらず一括返済となっている場合でもキャッシングを利用した後にキャッシングリボに変更することもできます。
キャッシングは金利が15%とか18%など決して低い金利ではありません。
そのためできれば翌月に一括返済することで金利を節約したいところですが、資金的に難しいこともあるでしょう。
そのような場合にはキャッシングリボを利用することで毎月の返済負担を軽くすることができます。
お金に余裕ができたら銀行やコンビニエンスストアのATMで簡単に任意返済ができますから、任意返済を利用することで高い金利を節約することができます。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-